読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えみソラ鉄道日記

アラフォー女将が鉄道記と日常を綴るブログ

女将さ~ん!久しぶりに(Bの)時間ですよ! 名鉄パノラマカー再び


爽やかな季節になりましたね

何をしても寒からず、暑からず、、


今回はBトレを組み立てたお話です

 

 

以前から やりたかった模型の組み立て

ここのところ忙しく、自分の時間が作れずにいましたが、爽やかな今のうちにやりたい…

 

 

我が家のリビングには 名鉄のコーナーがあるのですが…

f:id:emikosorakara2:20170419214814j:image

皆様は  Bトレインショーティー  と言うものをご存知でしょうか?

f:id:emikosorakara2:20170426155740j:image

車両の長さをショートカットしたモデル・と その箱に記されています

俗に言う Bトレ と呼ばれているものです

Nゲージの1/2位の大きさでしょうか?

確かに 仕上がりは可愛らしく、良いところがギュッ!と詰まっていて、作る人が作れば美しい見た目に仕上がる事でしょう

 

同じ物のようで違う 2つのBトレの箱を並べで飾っていますが…

右の3~6次車は 2年前に名鉄乗り鉄しに行った時に 名古屋駅内の名鉄ショップで購入してきたものです

帰宅後、ただ組み立ててみたら、隙間だらけで締まりの無い仕上がりになり、ガッカリしました

それっきりになってて、箱の中で眠りっぱなしでした

 

左の箱は 先日お世話になっている方からプレゼントされた物です

 

とても驚きました

包みを開けた瞬間

「これ…同じものが家にあるなぁ…」

と思ったのですが、よくよく見ると戴いたものは1~2次車と記されていました

 

並べるまで 違いに気が付かなかったんです

3~6次は更新車と言う事なのでしようか?

 

 

Bトレを制作される方のブログを見てみると、不思議な位 素晴らしく仕上がっていました

少し反省し、丁寧に作ってみる事にしました

 

 

トレー皿に並べて 説明書を見ています
f:id:emikosorakara2:20170419213112j:image

 

 

これ、先頭車のお顔

ロボット君見たいで可愛い♡
f:id:emikosorakara2:20170419213127j:image

あっ!逆でした…

ひっくり返すと ほら、いつものパノ様
f:id:emikosorakara2:20170419213139j:image

 

丁寧に組み合わせ、隙間を作らず 繋ぎ目が目立たぬ様、接続の凹部をキリを使って一つ一つ拡げ、きちんと合わさるようにしました

 

バリの部分が残らぬ様、ヤスリで凸部を削り取りながら組み合わせました

 

ぴったり合うと 良い気分ですね

不思議な達成感だわ!

 

右側が1~2次車

左側が3~6次車

f:id:emikosorakara2:20170419213206j:image

 

パンタが1~2次車

パンタ無しが3~6次車
f:id:emikosorakara2:20170419213226j:image

あれれ…

一生懸命作った割に、仕上がりにあまり差がないかしら!?

それとも、見る方が見れば違いが分かるのかも!?

 

 

こんなに色々な道具を使いました

専門的な道具は無いので、有り合わせをかき集めて使用しました

100円ショップで購入してきたドライバーのセット、爪切りのヤスリ、化粧用のハサミ、カッター等です

f:id:emikosorakara2:20170419213318j:image

繋げて4両にしてみる…
f:id:emikosorakara2:20170419213248j:image

方向幕入りのヘッドマーク貼りました
f:id:emikosorakara2:20170419213303j:image

可愛らしい兄弟の完成です
f:id:emikosorakara2:20170425225206j:image
3~6次車の運転席の天井が開きっぱなしではありますが…
これ以上は無器用な私には出来そうもありませんね

それでも、一生懸命作ったものにはやはり愛着が沸いてくる物ですね

f:id:emikosorakara2:20170426160906j:image

えっ!?写真が赤ばかりでお疲れでしょうか?

赤い物には不思議な魅力があります

高揚感や、強さや、躍動感や、、、

引き付けられます

 

 

何だろう??この爽やかな気分

ははっ!自己満足でしょうか…

達成感の様なものが得られました

一度目とは違った仕上がりになり、もっと他の車両にも挑戦してみてもいいかな

素敵な時間が出来、贈って戴いた方に 感謝です