えみソラ鉄道日記

アラフォー女将が鉄道記と日常を綴るブログ

乗り乗り女子旅 一日目@箱根登山鉄道

旅行日 2017.11.14

 

 

 

                     10日ほど参ってました。

 

                           私のスマホちゃん!

 

3年使ってようやく機械のローンが終わったところで、スマホが故障してしまいました

異常加熱な毎日で、保冷剤を当てながら弄ってました((汗

 

仕方無く、機械を新品に交換いたしましたが…

はてなブログさんとの相性が悪くて

写真が指で拡大出来なくなったのです

お陰で、皆さんの撮影なさった写真を 隅からスミまで眺めづらくなりました

何度もログインさせられるし…

ブログの星を付ける事さえ、手こずっております

ストレスだわ(-_-;)

 

 

 

さて 今回、初の女子四人旅に行くことになりまして

えみソラプロデュースのもと、出掛けて来ました

新しいスマホ持って

皆さん「私に着いていきます!」

と言うものだから…

 

 

東京駅から新幹線を使い、 小田原駅より箱根登山鉄道に乗り換え、箱根湯本駅のホームにやって来ました

f:id:emikosorakara2:20171115213647j:plain

ホームに停車中のモハ104

なんと、この車両は70年近くも前に製造されたもの

f:id:emikosorakara2:20171118002017j:image

 こういう昭和の薫りがする車両が好みで、メロメロになってしまいます

が、故の接写の一枚

 

この駅はホームに障害物が多く、また狭い為、車両全体を撮影するのは難しいです

その割に、撮影者が多く集まっており、皆さん譲り合いながら、マナー良く 撮影しています

f:id:emikosorakara2:20171121141704j:image

抜け駆けして良いポジションを見つけた私

しめしめ…と一人のんびり撮影していると、

後ろから 「良い写真は撮れましたか?」と

耳元で囁くじじぃ鉄!

いや、おじさま鉄!

驚いて、そそくさと退散

近すぎて、気持ち悪いわ(汗

 

今 思えば、追い払われたのね   私

悔しいです!

 

 

 

向かい側にはロマンスカーの姿も

f:id:emikosorakara2:20171122000415j:plain

新宿駅発、ここまで来ていたのですね

 ロマンスカーに乗ってみたいけれど、私の住む地から新宿駅へ行っている間に、箱根に着いてしまいそうなのです

新宿駅へのアクセスは悪いです

それだけ、私の住む地は田舎なんですね

 

 

さて、電車は登山と言う名の通り、これより急勾配を登って行きます

最高の傾斜地点では80‰も

f:id:emikosorakara2:20171122000607j:plain

 ここはスイッチバック

向かいの電車がポイントを通過後、こちらの電車も発車します

スイッチバックについては、次の記事で書きます)

 

 

今度は 強羅(ごうら)駅より、ケーブルカーに乗り継ぎました

温泉黒たまごを食べる為、大涌谷へと向かいます

f:id:emikosorakara2:20171115213949j:plain

f:id:emikosorakara2:20171120000247j:image

ケーブルカー車内より紅葉を眺める友人達

丁度、紅葉が見頃で、大満足の様子

 

次はロープウェイに乗り継ぎます

f:id:emikosorakara2:20171118002437j:image

f:id:emikosorakara2:20171115215801j:plain

名物の大涌谷が見えてきました

温泉けむりとガスが谷の斜面より出ている様子

今日は幸い、有毒ガスも少なめの様子

 ロープウェイ大涌谷(おおわくだに)駅で下車
f:id:emikosorakara2:20171121210856j:image

念願の!?温泉黒玉子を四人で頬張ります

ここの温泉名物の黒たまごは地熱と火山ガス成分が化学反応して卵の殻に鉄分が付着して黒いんです

うま味成分も普通のゆで玉子よりも20%増しなのだそう

私には普通のかた茹で玉子に感じましたが

 

 美術館?小田原城

私は奨めたのてすが、皆さま 遊覧船に乗りたいと仰るものてすから、その後、ロープウェイで芦ノ湖へ向かいました

 桃源台駅より、海賊船に乗車


f:id:emikosorakara2:20171121234903j:image

 芦ノ湖を一周してきました

一日目、お天気が悪かったです

芦ノ湖、どんよりしてますね

 

 何とも…

皆さんを 乗り物で連れまわす旅になりましたが、最後まで笑顔で付いてきてくれました

 

 つづく!