~春日より~ えみソラ鉄道日記

お店の女将さんの鉄道撮影日記ブログ

西武鉄道 ニューレッドアローを乗り&撮りました

 

撮影日 2019.2.20

 

本日は2月にしては珍しいほどの温かな晴天日

ですので、撮影に出掛けちゃいます

 

来月の3/16に西武鉄道よりデビューする001系  "Laview" を撮影するためのロケハンを兼ねての撮影と、NRA乗車も楽しんできます

ついでに来月分のLaviewのチケットも予約購入して来ました

 

 

 

先ずは 西武秩父線西武秩父駅より徒歩15分程の芝桜で有名な 羊山公園へ向かいます

地図で見ると この公園は園内に西武鉄道の線路が通っており、どんな景色が楽しめるのかワクワクしながら小高い丘を登りました

公園入り口付近に早速線路を見つけました

もう少し坂道を登り、俯瞰撮影をしてみます

f:id:emikosorakara2:20190220193451j:plain

9:50  横瀬西武秩父  西武秩父行きNRA

 

武甲山をバックにニューレッドアローが走ります

ロケーションは良いのですが、適度に拓けた場所は少なく、手前の桜の木々の隙間からの撮影になりました

冬枯れと桜の花の時期限定の撮影地の様です

しかも、太陽の位置も逆光で難しく、早朝か曇天日でないと向かない様でした

ただ、線路の後と私の目の前の木は殆んどが桜なので、来月辺りは開花すると景色は華やかに一変しそうです

来月もLaview乗車後に来てみようと思います

 

 

 

先程の俯瞰撮影地の右下の辺りで 撮影してみます

f:id:emikosorakara2:20190220193645j:plain

10:22  横瀬西武秩父  4000系

 

 

 

f:id:emikosorakara2:20190220193721j:plain

10:28  西武秩父横瀬 NRA後ろ姿

右斜め前からの光線で側面は暗めでした

後部は桜の木と思われます

来月が木になる〰!

 

 


 今度は西武秩父駅の脇の踏み切りへやって来ました

此処は秩父鉄道のブログの神的存在である

D氏が撮影なさっておられたので、参考にさせて戴きました

f:id:emikosorakara2:20190220193922j:plain

11:26  西武秩父駅を出発して行くNRAの後ろ姿

若干雲が増えて逆光も気にならなくなりました

ラッキーです

f:id:emikosorakara2:20190220193827j:plain

出発後、直ぐに登りカーブに差し掛かる後ろ姿の撮影

電柱が被りましたが、電線、電柱、障害物が多いので多少の難点は諦める事にします

 

撮影地は昼の時間帯は晴の場合、逆光になる場所が多く、山間部での撮影は全編成を入れるのは難しそうだと感じました

又、良い場所は駅から遠いのが難点で、

徒歩の私では無理かな??

山間部駅のホーム撮り等はカーブ駅も多く、ひょっとしたら良いのかと思われました

都市部の直線ラインも割と多いので、バリ鉄写真撮りならば 駅から距離も無く、良いのかもしれません

 

Laview撮影の本番まで、もっとロケハンしてみたくなりました

 

 

 

 

     ~撮り道メモ~

 

今回は3/16日にデビューする001系と2020年迄に置き換えが決まっているニューレッドアロー(NRA)の乗車記です

 

西武秩父ー池袋間を走る2代目レッドアローに初乗車してみます

(一代目は富山地鉄で乗車済みです)

先ずは武甲山の麓をカーブしながら座席が後ろ向きのまま発車し始めました

 

!?

 

眺めの良い大きめの窓に景色が背後から流れて行きます


f:id:emikosorakara2:20190220215821j:image

← ← ← ← ←

進行方向は左側なんです(笑)

これは、途中の飯能駅スイッチバックがあり、その先から進行方向より前向きに座ることになるらしいのです

噂には聞いてましたが、前を向きたい衝動に駈られます

何より山間部の景色が美しいのと、山岳電車の様に登り勾配が激しいので後ろ向きだと何かと都合がよろしくありません

久しぶりに乗り物酔いをしそうになりました

もちろん、座席をくるりんぱ!すれば問題は解決するのですが、くるりんぱした後部に別の乗客がいた場合、見知らぬ誰かさんとお見合い状態になり気まずいでしょ

空いている今日は後部に誰も乗っておりませんが、途中駅から乗車してくる可能性もありますし…

後部乗客と申し合わせてくるりんぱしてしまいましょう

少しの勇気で快適になるはず  d(・∀・`*)

 

スイッチバック後は景色が一変し、住宅街の中を走ります

先程の のんびりペースとは打って変わるスピードでスイスイ速度を上げて走り、快適さが増した様に感じました

やはり進行方向を向いて座ると言うのは快適さに大切な要素なのですね

 

所沢、池袋と都心に近づくに連れ、大きなビルが増えて来ました

山間部から住宅街、都心まで、多彩な景色が楽しめる西武鉄道秩父線の他にも都市部の路線の数も多く、相互乗り入れ車に東京メトロ有楽町線車も見かけました

今回の乗車で、懐の深さを感じ、西武鉄道の魅力を知るプチ旅でした

 

新型特急Laviewの乗車が楽しみです

雪景色の中のしなの鉄道を撮影してきました その2

 

撮影日 2019.2.5

 

 

北しなの線古間駅より黒姫駅方向へ向かったひとつ目の、県道360号線にある

富野踏切へ撮影地を移動してきました

狭い踏切の割に大きなトラックが頻繁にやって来て、待避に気を使います

この先に木材を切り出す場所がある様です

遠くに丸太を積んだトラックが見えます

長野県はひのきで有名ですよね

この辺りらしさを感じます

 

お仕事のお邪魔にならぬよう撮影構図を探ります

古間駅方向が順光、黒姫駅方向は逆光の様ですね

 

先ずは妙高高原行きが カーブを曲がりやって来るところを撮影しました

f:id:emikosorakara2:20190212212842j:plain

14:53  妙高高原行き  古間ー黒姫

登場した115系は真っ赤なコカ・コーラ塗装車でした

赤いボディーか白銀に映えて、赤の美しさを存分に発揮出来るシチュエーション

しかも本日は好天日

目に焼き付けておきたくなる光景でした

 

 

f:id:emikosorakara2:20190212212921j:plain

14:53  後ろ姿

こちらはその反対側の撮影

通過後、逃さず撮影してます

こちら側も絶景でした

 

 

 

f:id:emikosorakara2:20190212213024j:plain

15:08  長野行き  黒姫ー古間

名前も分かりませんが、折角なので 大きな山ドドン!の構図での撮影

山が空に浮かんでるわ(笑)

 

あの白い山、かなり標高が高そうです

この辺りの標高もかなり高く、古間駅は標高633mもあるのだそうです

そう!東京スカイツリーとほぼ同じでした

えっ!?スカイツリーが何メートルかって?

もちろん、ム・サ・シよ(笑)

 

 

 

f:id:emikosorakara2:20190212213312j:plain

15:43  妙高高原行き  古間ー黒姫

 

この日の北しなの線しなの鉄道オリジナル塗装車が多目でした

ここは先程の踏切より黒姫駅方向へ2~3分の田んぼと思しき雪原の拡がる民家の脇です

山の麓に線路があり、美しいので撮影しました

 

 

この田んぼの隅に足跡がありました

何方かあの線路脇まで行かれたのかな?

その足跡に沿って私も田んぼに足を踏み入れた瞬間、ズボズボ…と、膝上近くまで沈み混みました

「うわ!溺れる…」

恐るべし 雪景色

慌てて足を引き抜こうと もがくも、益々沈み込む御身足

まるで底無し沼の様

 

 

ひっくり返りました(笑)

不思議な物で、人は思わぬ危機を感じた瞬間、笑いが込み上げてくるのですね

誰も見ていないのにね

 

そしてゆっくりと引き抜き、退散したのでした

ちゃんちゃん

 

雪景色を舐めてはいけません(汗)

 

続く~!

 

 

 

         ~撮り道メモ~

 

長野県と言えば、貴方は何を思い浮かべますか?

お蕎麦、おやき、オリンピック、りんご…

風光明媚なこの地、名物を上げれば切りがありませんが、驚くべきは長野駅前に大きなお味噌メーカーのマ○コメの工場がある事です

お馴染みのマ○コメ君のキャラ付きの看板で一目瞭然

 

この辺り、名物である味噌を使ったお料理も豊富なのです

中でも 上田で宿泊したホテルの居酒屋で食べた

クリームチーズの味噌漬け の味が今でも忘れられず、自分で作ってみました


f:id:emikosorakara2:20190213172116j:image

作り方は簡単です

お味噌と蜂蜜を混ぜてラップに塗り クリームチーズを包み、冷蔵庫で一晩置くだけ

食べる前に味噌を拭き取り 切り分けます

甘口のクリームチーズにほんのりと味噌の香りと塩分を感じすぎない程よいしょっぱさ

クラッカーを添えて頂きます

工夫をして 粒コショウをまぶしたり

レモン汁をかけても

 

今夜もお酒が進みそうです

 

雪景色の中のしなの鉄道を撮影して来ました その1

撮影日 2019.2.5

 

今年はまだ、私の住む埼玉県東部では、雪はあまり降っておりません

が!

本日は雪予報が出ております

毎年、年に 一 二回程度しか積もらないのですが、やはり今年も漏れ無く積もるのやら…

今朝はもううっすら積もり始めてます

 

ちょっと前までは、冬場の鉄活は冬眠状態でしたが、近頃はやる気満々!!

冷え性で血の廻りの滞る手の辛さよりも、撮影欲求が上回るテンションの上がり具合なんです

雪景色の中を走る115系を見たくて、しなの鉄道へ撮影に出掛けてきました

 

 

 

入念にエアロケハンを繰り返し、探し当てたとって置きの場所へ真っ先に向かいます
f:id:emikosorakara2:20190207210458j:image

下り立ったのは、しなの鉄道 北しなの線古間駅です

実は、ひとつ手前の牟礼駅迄は車窓の景色に雪は無く、降った名残の様なものは見受けられた程度でした

期待していた景色になっていないのかも!?と、不安になりながらの道中でしたが、牟礼駅を過ぎた辺りから漸く銀世界が拡がり、安堵するのでした

あはは…

住民の方々の雪かきの苦労も知らず、余所者は自分勝手に期待を膨らますのでした

しかし、今年は降雪量は少ない様でした

この日は眩しい程の晴天で、おまけに暖かで風もなく、絶好の撮影日和りとなりました

民家の軒下の氷柱から、水音を立てて雪が解けているのを目にしました

 

撮影地点は、駅より線路に沿った町中の歩道を 黒姫駅方向へ徒歩10分ほど

雪があり、足元が悪いので、15分位掛かったかも知れません

それでも、道路は除雪が行き届いており、通行はしやすくなっておりました

 

 

線路を跨ぐ歩道付き高架橋へやって来ました

眼下に線路と小川が平行して通っております

f:id:emikosorakara2:20190206202237j:plain

14:10 古間ー黒姫  

しなの鉄道オリジナル塗装車がやって来ました

左奥の白い山は斑尾山の様です

 

 

 

f:id:emikosorakara2:20190206202605j:plain

14:17 黒姫-古間  

此方はその反対側の眺めです

またまた、しなの鉄道オリジナル塗装車がやって来ました

逆光ではありますが、景色が良いので撮影します

背後には 雪を被った黒姫山がどどぉーん!

と、そびえ立つ!

様に撮ってみました

3両編成がおもちゃの様に小さく見えました

雪山は迫力が違いますね

 

さて、次の撮影地へ行ってみます

 

続く

 

 

 

 

             ~撮り道メモ~

 

f:id:emikosorakara2:20190206203220j:plain

14:31 黒姫ー古間

えちごときめき鉄道ET122形

古間駅近辺での移動中、こんなところで意外な車両と出会いました

どこかへ検査にでも向かうのやら?

とき鉄の122形気動車が回送通過して行きました

 

今から4~5年前でしょうか?北陸新幹線開通前に信越本線北陸本線乗り鉄旅をしたことがありました

その時とは車両も鉄道会社名もすっかり様変わりしましたね

 

懐かしの写真があったのを思い出し、上げてみました
f:id:emikosorakara2:20190206212605j:plain

475系?  富山駅ホームより

2014某日 夕方

 

国鉄顔で、大きな前照灯が魅力的でした

 

この車両、鉄道ファンであり、某駅員さんである北陸好きな方から紹介して頂いた車両でした

この方が熱心に北陸アピールをなさるので、乗りに行ったときの物です

 

この時の旅は、今思えば無茶しましたね

上越新幹線で長岡へ

長岡より特急北越で金沢まで

金沢ー富山でこの車両に乗車

富山より特急に乗り、当時は北越急行と呼ばれていた線を通り、新潟県の六日町迄

新幹線駅の越後湯沢駅より新幹線で帰宅…

と、言うスケジュールを日帰り旅行でこなしました(汗)

若かったですね

金沢駅で駅前を急いで撮影し、きんつば をお土産に買ってきた思い出があります

あの有名店のきんつば、美味しかったな

あれを越えるきんつばには、まだ、出会ってませんね

 

あらためて、そちらの線も、今後はゆっくり旅してみたい物です(笑)

 

 

真冬の奥日光で東武鉄道6050系の撮影&飲み鉄旅のススメ

 

 



撮影日 2019.1.16

 

1985年に誕生した東武鉄道6050系

当時、日本はバブル絶頂期でしたね

あの頃はまだ中学生だった私

思い起こせば、あの頃は今より もっと沢山の車両や路線、急行や特急が存在していた事でしょう

あの頃は 自分が こんなに鉄道に填まるなんて、思いもしなかった

6050系がデビューした頃ぐらいから、私は東武鉄道を通学で利用し、日常の中の一部として目にしていました

あまり記憶はありませんが

どちらかと言うと、8000系のセイジクリーム塗装や、白地に青のラインの塗装車ばかり利用していたので、そちらの車両は覚えているのですが

 

かつては東武鉄道で唯一の快速、区間快速として、東京の浅草から 福島県会津田島間を走り、活躍していた6050系でしたが、2017の春を以て 快速は消滅し、その役割を終えております

 

南栗橋新藤原駅迄が東武鉄道区間

新藤原~会津高原尾瀬口駅野岩鉄道区間

会津高原尾瀬口会津田島駅会津鉄道区間

と、6050系野岩鉄道会津鉄道に乗り入れております

 

今は南栗橋会津田島(東武日光)間の急行、区間急行電車として、まだまだ現役で活躍しております

車内の連結部手前の上部に方向幕が設置されており、"下今市" や "南栗橋" 等と表示され、かつては無かった表示にしみじみと時の流れを感じておりました

又、斬新に映りました

その他、車内外共に大きな変化は無く、相変わらずの赤いボックス席と足元から湧き上がる暖房に外の寒さを忘れ、ホッと和むのでした

 

 

 

撮影に訪れたのは湯西川温泉駅です

ここは珍しいトンネル駅でして、駅を会津方面へ進むとすぐにトンネルを抜け、湯西川橋梁を渡ります

その姿を 平行する赤夕大橋の国道から撮影しました

f:id:emikosorakara2:20190116223031j:plain

会津田島行き  16:17

先ずは トンネルを抜け出たところを撮影

 

 

f:id:emikosorakara2:20190116223111j:plain

少し引いた構図で、雪景色をバックに撮影

 

 

f:id:emikosorakara2:20190116223137j:plain

更に引いて、雪山と氷る川面を入れ、橋の中程に来たところを撮影

 

 

次は、下今市方面へ橋梁を渡り、トンネルに入る寸前の姿を橋の袂 真上から撮影してみます

f:id:emikosorakara2:20190116223229j:plain

下今市行き   16:29

初の構図にチャレンジ

縦撮りで臨場感を出してみました

 

この湯西川橋梁の撮影は何度目になるだろう

真冬に来たのは初めてなので、うっすら雪景色に新鮮な気持ちで撮影出来ました

今年は雪が少ないのだそうです

 

 





 

    ~撮り道メモ~

 

                飲み鉄の薦め!

1月も半ばですね

毎日、寒さ続きですが、寒いからと言って撮影に出ないのもつまらないですよね?

 

そこで、今回は乗り鉄を楽しみつつ、撮影もし、序でに飲み会も車内で楽しんでしまおうと、家族も一緒に会津方面へ出掛けて来ました

 

東武鉄道では、会津方面への乗車旅にお得な、4日間乗り降り自由のフリー切符が販売されております(通年販売)

「ゆったり会津 東武フリーパス」

会津田島迄、芦ノ牧温泉迄、会津若松

の3タイプがあり、

私達は芦ノ牧温泉迄をチョイス

6230円也

発駅からの往復乗車代込みで、フリー区間下今市駅芦ノ牧温泉駅

普通の乗車券より往復で1500円近くお得なんです

おまけに、フリー切符を見せれば、観光地で色々な特典も受けられます

 

さて、地元駅より会津田島駅まで、特急に乗車

この日はリバティー会津111号に乗車しました(特急代1230円は別)

f:id:emikosorakara2:20190116222818j:plain

乗車してきたリバティー会津111号

会津田島   13:05

 

 

会津田島駅より会津鉄道に乗り換えまして、

やって来たのは、芦ノ牧温泉駅です

f:id:emikosorakara2:20190116222851j:plain

ホームで乗車してきたAT-500形を見送ります

手を振っていらっしやるのは、副駅長さん

 

 

f:id:emikosorakara2:20190116222958j:plain

交換駅の為、日光方面のAT-600形もお見送りします

 

「手を振るのは副駅長さん」

と、申し上げたのには訳が…

実はこの駅の駅長さんは猫なんです

駅長室の中では、三代目駅長の"らぶ"が駅員帽子を被り、こちらをじっと見ておりました

f:id:emikosorakara2:20190116222917j:plain

撮影は禁止なので、待合室の大きな猫のぬいぐるみを撮影しておきます

 

 

f:id:emikosorakara2:20190120214149j:plain

芦ノ牧温泉駅では猫の駅長さんを見学、駅前の有名店のラーメンを食べ、Uターンします

ホームに佇むアニメキャラに見送られ、早速、飲み鉄開始です

f:id:emikosorakara2:20190120204634j:image

持参した缶チューハイと乾き物つまみで、銀世界をただボーッと眺めておりました

もちろん、おしゃべりは小声で

 

f:id:emikosorakara2:20190120214536j:plain

f:id:emikosorakara2:20190120214621j:plain

車窓より撮影

山奥の絶景にお酒も進みます

 

 

 

静かな2両編成の車内、飲み!だからといって大騒ぎをしてはいけません

酒に飲まれず、しみじみと大人しく、ごみは持ち帰りましょう

公共の場であることをお忘れなく、

マナー良く飲みましょう

 

飲み鉄は、大人ならではのたしなみ

                                        立つ鳥跡を濁さず

 

 

今度のお休みは、友人やご家族を誘って、冬景色を暖かいローカル線車内から楽しめる東武鉄道野岩鉄道会津鉄道乗り鉄プチ旅で、お茶鉄や飲み鉄はいかがでしょうか?

のんびり路線なので、御弁当鉄も楽しそう

 

トンネルが多い野岩鉄道を通過する辺りから窓の外は雪景色になり、雪のあまり降らない地域民には感動ものですよ

もちろん、あなたのお近くのローカル線でも出来る旅のスタイルだと思います

お薦めなのは、クロスシートやボックス席の車両です

因みに、ロングシートではNGですね

  ふふふ…(*ノωノ)
 

 

 

秩父鉄道 SLパレオエクスプレスの撮影(上り便)

撮影日 2019. 1. 2

 

今度は上り便の撮影地へやって来ました

とは言っても、また浦山口駅周辺なのですが

 

私の定番撮影地になった 平沢稲荷からの俯瞰ポイントより、SLを撮りたいと思います

 

駅前のベンチに腰掛け、一人コンビニおにぎりを頬張っていると、駅からゾロゾロと撮影隊が沢山下りてきました

ここからお稲荷さんを見ると、2~3人の撮影隊が既に上がっているのが見えました

私ものんびりしてはいられない

と、急いでお稲荷さんへ向かいました

到着すると、既に4名が待機、2台の三脚が場所取り状態

一歩遅かった様ですが、何とか隙間を見つけ、うまい具合に陣取らせていただきました

 

眺めてびっくり!11月にELパレオを撮影した時よりも視界が広い事に気が付きました

木々の葉が落ち、鉄橋が広めに見えておりました

f:id:emikosorakara2:20190104190123j:plain

武州中川浦山口  12:28

 

このショットは 此処で撮影される方なら、何方も撮影するであろう憧れの一枚です

浦山口駅の駅員室前にも、何方かのこの一枚が飾られております

その写真は少々色褪せ、かなり前のものと推測が出来ます

手前の木も気にならない大きさでした

それが、今となってはだいぶ成長し、枯れ木となり車体を隠しておりますが、葉の付いている時期では撮れない一枚と思われます

 

 

 

f:id:emikosorakara2:20190104190205j:plain

少し、引いての撮影

電線と常葉樹が木(気)になります!?が、風向きが功を奏し、SLらしい一枚になりました

 

 

 

f:id:emikosorakara2:20190104190355j:plain

ワイドにし、編成全体を撮影

此処の景色はお気に入りです

青空、山並、麓の町並み、冬枯れの木々、SLとたなびく蒸気、

盛り盛り欲張りな一枚です

 

別の撮影地へも行ってみたいのですが、この日はこの後に新年会の予定があり、 待ち合わせ時刻に間に合う場所での撮影となりました

 

今後も上り便の撮影地は勉強していきたいと思います

 

いつも、このブログに御訪問戴き、ありがとうございます。

今年も 皆様にとって、良い鉄行に成ります様、御祈り申し上げます。

 

 

 

 

          ~撮り道メモ~

 

今回の秩父鉄道の御正月訪問ですが、実は初めての休日ダイヤ運行日に当たりました

 

秩父鉄道は単線で、列車交換をしながらのんびりと運行するイメージがあったのですが、実は急行もキチンと存在しているんです

f:id:emikosorakara2:20190104191642j:plain

f:id:emikosorakara2:20190104191702j:plain

SL撮影地で練習に撮った急行専用車 6000系3両編成(下り便と同じ撮影地)

実はこの車両、元西武鉄道の譲渡車、新101系です

2度程乗車した事がありますが、内装はクロスシートで リクライニングは僅かしか出来ません

シートはだいぶ年期が入っており、薄紫(ねずみ色!?)のシートは色褪せていて、くたびれ感が滲んでおります

つり革広告は無く、近頃ではフォトコンの出品作が展示されておりました

 

急行料金は運賃+200円

改札で、どの駅でも買えます

しかしながら、無人駅も多く、厳密なチェックはしづらい模様

貴方の善意に感謝申し上げます(笑)

秩父鉄道さんの代わりに書いておきます(笑笑)

 

秩父鉄道西武鉄道御花畑駅で隣接しており、西武鉄道の車両も秩父鉄道へ乗り入れております

平日、この付近では見られなかった秩父鉄道の急行や、西武鉄道の乗り入れ車の4000系も三峰口駅まで走っている事を、この日の目撃により知りました

平日は西武鉄道車の乗り入れは無く、急行も浦山口駅手前の影森駅迄しか走りません

ここで6000系と4000系が撮影出来るのは、休日ダイヤならではの光景 と言うことになります

 

秩父鉄道は、観光での利用者が多い為、休日ダイヤは運行本数が多いのでしょう

都心部路線は、ビジネス用途が色濃く、平日の方が運行本数が多いので、つい、この路線も、と 勘違いしておりました

実際、撮影練習の本数も多く、飽きずにSLを待つ事が出来ました

 

西武鉄道の新101系って、好みの車両!?

と、言うか、イケメンだと思うわ

何より、白地に青い帯が爽やかだと思いました

この日は 御正月 三が日だけの "開運" ヘッドマーク付きでした

季節に合わせて代わるらしいので、要チェックですね

 

通過後にこっそり一人 手を合わせ、今年の幸運を祈るのでした

 

今回の撮影は、何時もより 多くの車両を撮影することが出来、有意義な物となりました

一粒で2度も3度も美味しい休日ダイヤの秩父鉄道

貴方様もご一緒にいかがですか?