女将さーん鉄道撮影の時間デスよ! 

焼きとり屋 えみソラ女将の鉄道撮影日記ブログ

シキ1000形返却をワシクリで撮影

撮影日2020.6.29  

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

関西方面で活躍したシキ1000形が宇都宮ターミナルへ帰還という事で、昨日からネット上を賑わしておりましたが、夜またぎをし、早朝に埼玉県内も通過をしております。

始発前のだいぶ早い便ではありますが、撮影を敢行しております。

 

余りにも早朝ですので、勝手知ったる東鷲宮ー栗橋にある水沢踏切へ向かい撮影しました。

他に気になる撮影地もありますが、道に迷ったり、駐車場の心配やらで遅刻する訳には行きませんので。

 

実はこのシキ1000返却便、4日前と思っておりましたら情報違いで、28日に出場と言う事が判明。諦めかけておりましたが、前日の日曜日に多くの鉄ファンの皆様がネットに写真を掲載なさっており、刺激を受けまして、今朝は奮起致しました。

 


f:id:emikosorakara2:20200629210006j:image

f:id:emikosorakara2:20200629210010j:image

▲現着は4:31

誰もおりません。

そうよね、早く到着しましたので。

いつもの道程、ガラ空きでして思いの外、早めの到着を果たしました。

それが、撮影者は私のみ。

一つ先の黒子踏切にもう一人。

の寂しい感じでした。昨日のあの賑わいは今朝は何処へやら。昨日のうちにシキ1000祭りは終了したかの様ですね。

 

f:id:emikosorakara2:20200629210723j:image

▲4081レ  EH500-26+ムドHD300-30

練習撮影に丁度良い短編成がやって来ました。

今回のシキ、昨日同様、3B出場だとばかり考えておりました。

 

大宮を出場してから30分が経過。

もうそろそろ来る頃かと待っていると‥‥

 

f:id:emikosorakara2:20200629063044j:image
▲(臨)8583レ  

EF65-2070+タキ12+シキ1000 3B

と、編成の文字列はズラズラ長いのですが、要するにいつもの石油便にシキがぶら下がるカタチでやって来ました。知っていたら、もっと後方から撮影したのに。

よく調べもしなかった私としてはショッキングブラック!な衝撃を受けました。
f:id:emikosorakara2:20200629063040j:image

▲タンクをやり過ごし、いよいよシキが接近。


f:id:emikosorakara2:20200629200919j:image

▲シキ1000の繋ぎ目?を真横から撮影。

入り組んだ繋ぎ目が面白いですねー。

もっと近くで停車中の状態も見てみたくなります。何処までが一台なのでしょうね。

 

f:id:emikosorakara2:20200629213743j:image

▲去りゆく後ろ姿。

こちら側はサイド逆光ですので、キラキラしました。梅雨には珍しい貴重な晴天の朝に当たり、ラッキーでした。

どうしても生でこの特大貨物台車を見たかったので、大満足です。

 

 

昨日迄は機関車+シキ1000 3Bの編成でしたのに、東北方面はいつもの便+シキと 些かハズレくじを引いた感はありますが、国鉄色PF+シックなタキ編成にブラックシキが連なる まとまった見た目の編成が撮影出来たと捉え、素直に喜ぶ事とします。

 

其れにしても、臨時列車にはこの様に日常便に連なって出場する場合もあるのだと、また一つ発見出来た撮影行になりました。

やっぱりまだまだ知らないことだらけで、奥の深い貨物列車の世界だと実感致しました。

 

 

今回も御訪問頂き、ありがとうございました。

又のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

 

75レのニーナ様を追いかけ撮影 その2

撮影日2020.6.17

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

前記事の続きのお話になります。

 

この日は75レにニーナことEF66-27号機が充当されており、吉川駅で撮影を果たした後、直ぐに車で追い掛け、隅田川貨物ターミナル周辺での撮影を試みておりました。

 

が、何しろ初めての道のり、カーナビったら首都高へ誘導するではありませんか。

首都高は苦手なんですよねー。

追い越し車線から合流させようとしたり、圧迫感のあるカーブだらけの狭い二車線を物凄いスピード出して皆さんお走りになるし。

車線変更なんて、遠慮してたら出来ないわよ。

 

不器用ですから!!

 

そこまでして追い掛ける気も無く、ゆっくりと一般道で向かう事にしました。

 

 

やって来ました。隅田川貨物ターミナルです。

f:id:emikosorakara2:20200622234555j:image

▲HD300-4 構内入れ替え用

当然、ターミナルへの入線シーンの撮影に間に合う筈もなく、奥の留置線でニーナ様は休んでおられました。

 

メトロ日比谷線南千住駅南口を出ると貨物ターミナルに跨線橋があり、そこの脇から撮影が可能です。あまり良いポジションではありませんが、周囲はガードが固く、他に撮影出来る場所はありません。

f:id:emikosorakara2:20200624155731j:image

▲手前、左側は出場して行くEH200です。

積載はだいぶ降ろされたのやら?かなりのスカ具合でした。


f:id:emikosorakara2:20200622234541j:image

▲留置線に佇むEF66-27とEH200-2

午後はこちら側からですと翳りますね。

光線がよろしくありませんので、知る人ぞ知る撮影地へ移動してみました。

 

 

ここが知る人ぞ‥の撮影地。
f:id:emikosorakara2:20200624160530j:image

まともな隙間から撮影するとこの様に信号ポールがお顔を隠してしまいます。
f:id:emikosorakara2:20200622234603j:image
位置を晒し、金網越しですがニーナ様のお顔をメインに撮影です。

金網影と電柱影は防げませんが、此処で佇むニーナ様を撮影出来、満足です。

 

今回も御訪問頂き、ありがとうございました。

又のお越しをお待ちしております。

 

 

   〜鉄子の独り言〜

[故郷 隅田川貨物ターミナル]

 

 

「其れにしても、ターミナル周辺の景色も変化した物だわ」

 

隅田川貨物ターミナルは私の元実家の直ぐ脇にあります。幼少期は今の倍程の広大なターミナルでしたが、この近辺は東京都の都市開発が進み、今では半分くらいに縮小されております。

少し前までは秩父セメント?用の大きなタンクが2つ残されておりましたが其れも無くなり、ホームセンターに変わっておりました。

その事から、昔はセメント関係の貨物の取り扱いがあった物と思われます。

削られた地にはショッピングセンターや駅へ続く綺麗な道路が整備され、人口も増え、賑わっている印象を受けます。

 

幼少期の思い出に残る風景は、監視の目が緩く、町の人が自由に構内を通り抜けられるフリーな駅の印象。今、この中へ一般人が入れるのは貨物フェスティバルくらいでしょうか。

当時、大人からは「ひと気も無く危険な場所なので、通ってはいけない」と注意されるような場所でしたが、気にせず入り込んでおりました。

駅までショートカット出来て便利だったんです。茶色い錆びれたワムが幾つも路肩に並び、緑色のコンテナがメインだった様な気がします。

自転車で構内を走りながら、機関車の脇を通る という何気ない日常でした。

その頃、入れ替え作業に従事していたのはDE10だったのかな。その頃は鉄子じゃなかったので記憶にないんです。

JR常磐線からターミナルへ入線する鉄橋は低くガード壁も無く、機関車の足元が丸見えでした。その下を走る道路は大型トラックの様な車高の高い車は通り抜けられませんでした。

その周辺も今では立派なガード壁が設けられ、撮影には不向きな状態になっておりました。

この近辺で編成を入れて撮影出来るのは、恐らくJR常磐線南千住駅ホーム突端くらいではないかと思われます。そちらでの撮影経験はありませんので、見通しはわかりませんが。

 

脇の実家も都市開発地域でして、30年位前に町が消滅し、今では広大な高層マンションと団地群ばかりの地になりました。

その団地に入居していた両親も母が他界した事で引き払い、故郷は無くなってしまいました。

育った町や家が無くなると言うのは寂しいものです。

偶に帰ると、昔の面影を残す風景は数える程になりました。半分に減った貨物ターミナルもその中の貴重な一つです。

その地に私と同世代のニーナが留置されている姿はまさに幼少期の風景を彷彿とさせるもので、感慨深くあるのでした。

 

75レのニーナ様を追いかけ撮影 その1

撮影日2020.6.17

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

この日は甲府工臨を撮影後、関西より上京されているEF66-27が75レに充当されておりました。撮影地を探り、追い掛け撮影を敢行しております。

 

f:id:emikosorakara2:20200621223240j:image

▲75レ キャッチ画像用に撮影写真を掲載

 

いつもの出羽公園も良いのですが、偶には別の地で撮影してみたくなり、事前にエアロケハンしておきました吉川駅付近の公園へ向かっております。

 

吉川駅周辺はベッドタウンでして、大型店舗も充実し、住みやすい環境という印象。

しかし、北東側は広大な農作地でありまして、何処までも続く田園風景が密集した住宅街とのギャップを感じます。今後はまだまだ発展の余地があると推測されますね。

実は、撮影地の公園は高台になっておりまして、武蔵野線高架線路のすぐ脇にあり、何故か武蔵野線ビューを楽しめる作りなのです。

撮影地付近には安めの駐車場もあり、車でのアクセスも安心です。

駅前ですので、もちろん電車でのアクセスも可能。南口を出て左側へ。県道67号を跨ぐ歩道橋を上がればその公園付近です。徒歩で10分位でしょう。

この日は車でアクセスしております。

 

初めて来た撮影地。エアロケハンで発見した通りの見晴らしの良さです。しかし、長蛇貨物は切れますね。背景には駅前の街並が写り込み、少しゴチャついた印象。練習撮影してみます。

 

 

f:id:emikosorakara2:20200620233729j:image

▲12:14   4095レ   EF210-126+コンテナ

光線はやや側面順光になり掛けの頃合。

ここでの構図は空を入れるか夏草を入れるか悩みましたが、ヌル晴れで光線も曖昧なので、夏草の方を選択しております。手前だけ草が避けるように生えず、線路の直線を強調できる構図になりました。足元スッキリ!撮影できます。

 

 


f:id:emikosorakara2:20200620233718j:image

▲12:15  8681レ  EF210-?+石油

一本前の4095レ通過の1分後にやって来た桃太郎。上り線は直ぐ目の前を通過するため迫力ある撮影になりますが、正面から撮影出来ません。

私の立ち位置から直ぐ脇後方は大人の背丈位の黒い柵があり、撮影は不可となっております。

桃太郎の車番は未確認でした。

 

 


f:id:emikosorakara2:20200620233722j:image

▲12:20 南船橋行き

普通列車は231系の8両編成でした。

武蔵野線は東京の周りを環状線のように、神奈川から埼玉、千葉、東京へと走っている路線です。埼玉県内から東京へ降って行く為のなだらかな内輪カーブになっており、編成美が楽しめます。

 

 

 


f:id:emikosorakara2:20200620233820j:image
▲13:04  75レ EF66-27+コンテナ

待っていたニーナ様がやって来ました。

カーブ越しにズラリと満載のコンテナ姿で登場です。いつもながら思うのはたった一つの機関車でこれだけの量の荷物を運ぶ腕力に憧れと尊敬の念を抱かずにはいられません。

しかも、現役ゼロ番台は世界でただ一つの貴重なニーナ。同世代という事もあり、応援せずにはいられない存在です。

 

 

初めて来た吉川駅近くの公園。見晴らしが良く、良い撮影地を発見し、収穫のある撮影が出来ました。

この後、実家付近の隅田川ターミナルへ追い掛け撮影を敢行致しました。その様子は又の更新で。

 

 

御訪問頂き、ありがとうございました。

又のお越しをお待ちしております。

 

甲府工臨返空便を撮影しました

 

     撮影日2020.6.17

 

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

 

梅雨に入ったとは言え、真夏の様な晴天日が続き、公私ともに大助かり。暑さは敵いませんが、こんなに晴れると

貴重な晴れ間だし‥

と、撮影に出掛けたくなっちゃうじゃないですか。

 

ネットの貨物情報を見るに、前日には小岩操より甲府へ向けて工臨が高崎機関区のEF64-1052牽引で夜に出場された模様。

翌朝にはやはり返空でロンチキを越中島へ返しに来る旨、記されてあります。

これは観たい!と思いまして、大方のスジを調査致します。早朝なのか?昼前後か?

早朝は‥

起きられませんでした。意識が無く、まさかの二度寝についておりました。

選択の余地無く、昼スジに掛けることにし、いつもの出羽公園裏で待機致しました。

 

行ってみると、撮影者は誰もおりません(汗)

やはりヤマ掛けで来てみたので、もう行ってしまったのかも。

ネット情報を確認していたところ、64-1052はやって来ました。

 

それはもう大慌てでスマホを放り出し、脚立に登り、夢中で撮影しましたが、構図もあまり納得のいく物にはなりませんでした。

それでもソコソコは捉える事が出来ましたので、掲載させて頂く運びとなりました。

 

f:id:emikosorakara2:20200617203457j:image

▲初めのショットは夏草に埋れてしまいました。

やった!と思ったのは糠喜びに。

其れにしても、なんで縦撮りしたのだろう??

 

f:id:emikosorakara2:20200617203819j:image

▲11:17  工9872レ  出羽公園裏(東川口ー南越谷)

先日、長野工臨でお世話になった64-1052が今日も登板に着き、夜遅くお出掛けし、早朝帰宅とあい成りました。

 

 

f:id:emikosorakara2:20200617210110j:image

あら、機関士さん目が合いましたか?

お仕事、お疲れ様でございます。

 

貨物列車の運転は、やはり機関区毎に機関士さんも交代されるのでしょうか?

短距離であれば過労も身体に触ること無く遂行出来ると思われますが、長距離や夜跨ぎ運行は辛そうですね。御手洗いはどうなさっていらっしゃるのか?心配だわ。

 


f:id:emikosorakara2:20200617210116j:image

▲真下から接続部分をメインに撮影。

蛍光灯の様な照明器具が付いているのかな?

あはあは。違ったら恥ずかしいですね。

 

f:id:emikosorakara2:20200617211503j:image

▲これは先日の新津工臨の時、停車中のチキを撮影したもの。

やはり蛍光灯!?

夜間作業で役に立つのかも知れません。レールを降す作業、一度見てみたいものですね。


f:id:emikosorakara2:20200617210113j:image

▲後部をトリミングして強調しました。今回はCのプレートが入っておりました。ABC??まだまだ謎の多い貨物の世界。知れば知るほど面白くて嵌まりそうです。

 

 

それでは、又のお越しをお待ちしております。

御訪問、ありがとうございました。

秩父で観光&撮影②美の山公園より俯瞰撮影

 撮影日2020.6.2

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

前記事の続きのお話しになります。

 

 

この記事ですが、まともにデキの姿がわかる撮影がありませんのでー

f:id:emikosorakara2:20200615221923j:image

▲11:16  7403レ  長瀞駅周辺で撮影

505号をお散歩中に撮影しておりましたので、取り敢えず上げておきます。

 

 

 

秩父には数々の山がありますが、代表的存在なのは武甲山でしょう。石灰石の切り出しで少しずつその形には変化が生じており、20年前より小さくなっておりますが、無くてはならない秩父のランドマークでもあります。

しかし、登山の出来る山の中でも整備され、車でもアクセス出来る山と言えば蓑山(美の山)では無いでしょうか。

美の山山頂は公園になっておりますので、山頂からの眺めを楽しみに車で登ってみます。

 

ここは標高581.5メートルの県立自然公園で季節の花々も 桜、ヤマツツジ、紫陽花など楽しめます。夜景スポットや雲海の名所としても知られております。

 

秩父観光協会HPより

f:id:emikosorakara2:20200615220449j:image

車でのアクセスは皆野町役場信号から山道に入る事をお勧めします。美の山入り口信号からは現在は台風19号の影響により通行止めになっておりました。

(2020.6月時点)

 

山頂からは秩父の街並みが一望出来ます。

この辺りは秩父郡皆野町でして、写真中央、セメント工場群の辺りが武州原谷駅です。

f:id:emikosorakara2:20200614215255j:image

 

 

何方かの秩父鉄道撮影記事で美の山公園から秩父鉄道を撮影されていたのを見て一度私も撮ってみたかったので今回はチャレンジです。

私の持つ機材では400mmの望遠がMAXで厳しい状況ですが、撮影してみます。

f:id:emikosorakara2:20200613211955j:image

▲13:59  7105レ デキ貨物(返空)

車番は塗装から推測出来ます。黄色なので502号機ですね。周辺の茶色い畑は麦畑で、この時期は麦秋を迎えておりました。

何処に列車の姿があるのか発見出来なかったあなたの為にトリミングをー


f:id:emikosorakara2:20200613211951j:image

▲あまりにも小さいのでトリミングしてみました。オキの中が空っぽなのが一目瞭然!?です。


f:id:emikosorakara2:20200613211958j:image

武州原谷駅構内へ入線しました。このオキ貨物はこのまま影森駅へと向かって行きました。

まるでアリの行列ですね(笑)

工場群もよく見ると面白い建造物です。

 

まだ列車が見えていない貴方、後はスワイプして御覧下さい。

 

 

 

f:id:emikosorakara2:20200613212406j:image

▲14:24  7006レ デキ貨物(石灰石)

石灰石をてんこ盛りにした貨物列車がやって来ました。

あまりにも小さいのでー


f:id:emikosorakara2:20200613212402j:image

トリミングしまーす。

一直線に真っ直ぐ町中を列車が行くのが確認出来ます。トリミングしても車番はわかりませんね。デコライトが一つですので、おそらく100番台かと。

私のカメラではこれが限界です。

 

 

私は鉄目線の撮影を楽しみましたが、他にも武甲山秩父連山、花々と被写体には困らない美の山公園でした。この時期は紫陽花が山の斜面に咲くのですが、この日は早過ぎたのかまだ蕾ばかりでした。

 

山頂の見晴台のベンチでお弁当ランチし、帰宅しました。

 

 

御訪問、ありがとうございました。

又のお越しをお待ちしております。

 

 

 

   〜鉄子の独り言〜

 

[観光地に於けるかき氷の御家事情]

 

 

随分と暑くなり始めましたね。

これからの季節はアイスクリームも美味しいですが、かき氷も美味しさひとしおですよね。

 

先日の秩父観光では気温が30度に達し、思わず冷たい物に手が延びてしまいました。

観光商店街の参道に「ソフトクリーム」「かき氷」の暖簾を発見!よく見ると阿左美冷蔵のつるし暖簾が風にくるくると舞っておりました。氷とソフトのどちらにしようか迷いましたが、ソフトクリームを購入し、店先のガーデンテーブルで暫しの涼を楽しんでおりました。

 

休憩しているのは私達のみ。食べながら店番のマスク姿の奥様とお話しさせて頂きました。

「コチラの店も阿左美冷蔵さんなのですか?」と奥様に尋ねてみました。

阿左美冷蔵 と言えば、天然氷をふんだんに使用したてんこ盛りのかき氷を提供する店 として秩父だけでは無く関東圏でも有名どころであります。私も一度、上長瀞駅近くの阿左美冷蔵さんに立ち寄り、行列の出来るかき氷を食べた経験がありました。

奥様が仰るには

 

阿左美冷蔵から氷を仕入れているのよ」 

 

確かにこの商店街のお茶屋さん各所にこの暖簾が下がっております。この暖簾のある店は阿左美冷蔵から氷を仕入れてかき氷を提供している、という事らしい。

この店にはかき氷のサンプルが赤、緑、黄と3色並んでおり、それは昔ながらの蝋細工の見本品でありました。ちょっと懐かしい感じです。奥様はこの見本を指差し、

「かき氷はこの位の大きさが一番食べ易く美味しいのよ。これで水カップ一杯分なの。アッチのは二杯分もあるのよ。そんなに水も飲めるものでは無いわ」

奥様の仰る通り、水だけ二杯は飲めないけれど、ちょっと負け惜しみで言ってるのかな?

と考えていると

阿左美冷蔵の先代の時は私達に氷の卸のみ行っていたのに、代替わりしてから雲行きが怪しくなって来たのよ。かき氷専門店なんか開いちゃって。オマケに見た目の良い大きなかき氷を出して。参っちゃうわ」

ああ!明らかに商店街でかき氷を売っている店主さんから見れば、阿左美冷蔵さんの商売がマスコミでも取り上げられ人気店になり、打撃を受けた御様子だと察しました。

でもね、アチラのかき氷、映えるのよ。今は味云々より見た目大事なのよ。

ボヤキを聞いてしまった〜 と思いました。

 

商売人の私から見れば、こんな時こそ起死回生のチャンス。

阿左美冷蔵の名がそんなにブランド力が上がったのなら、そこの天然氷を使っている事を前面に出してPRすれば、お客さんが来るのでは無いでしょうか?

店内飲食は今は休んでいるけれど、次回オープンの時にびっくりする様な名物メニューを考案しては如何でしょう?

お蕎麦を出されているようなので、

"天然かき氷蕎麦"なんて面白いんじゃないですか?

冷やし蕎麦の上にフワフワ天然かき氷をのせて、抹茶トッピング又はレモントッピングにだしつゆをかけて提供する。面白そうじゃない?

 

プライドとか言っている場合では無いわ。そんな物はかなぐり捨ててコバンザメ商売よ!奥様、これはチャンスよ!

あはあは。余計なお世話ですね。

 

ーなんて、そんな事は言えませんが。

 

 

しかしね この奥様、そんな野心のカケラも見当たりません。そんな話をしながらもとても幸せそう。こうして接客しながら世間話をし、昔からしてきた仕事を今日も粛々とこなして一日が終わる。同じ事の繰り返しの様にも見えますが、変わらずに繰り返していける事こそ、掛け替えの無いこと。

 

店の外の端に目をやると、冷蔵庫の無かった昔に使用されていた木造の氷保存庫が置いてありました。

骨董品の様な美しさを今も保った状態なのに、外に出してあるのは勿体無いですよ奥様。

と、思うだけでこれも口に出しては言いませんが。

 

「昔はこれに氷を入れて使用していたけど、今は勿論、冷凍庫よ」

70歳は優に過ぎているであろう奥様と保存庫を眺めながら、時代の流れと変化を感慨深く思い、ソフトクリームを食べるのでした。

 

「やっぱりかき氷にすれば良かったかな」

f:id:emikosorakara2:20200615212810j:image

阿左美冷蔵の店頭で2年前に撮影