女将さーん鉄道撮影の時間デスよ! 

焼きとり屋 えみソラ女将の鉄道撮影日記ブログ

多摩都市モノレールの撮影

撮影日2021.10.5

 

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

鉄道の日がもうすぐやって来ますね。

その前後で各地で様々な鉄道イベントが開催され、どれも魅力的に感じます。

又、撮影会等も行われ、じっくりと間近で車両観察も楽しめる良い機会です。

今年は撮影会に参加してみようと思い計画中です。私のお休みと合うイベントは稀ですので。

 

さて、いつもは地に足が付き、線路上を走り抜ける姿を撮影する事が多いのですが、

今回の被写体はコチラ↓

f:id:emikosorakara2:20211012230533j:image

いつもとは違うこの風貌。乗車扉の不自然な位置。動輪は見えません。

 

 

 

 

 

 

E217系の廃車配給撮影の様子を前記事にて上げておりましたが、その前日にも同じ場所で撮影しておりました。

この日は一日中青空が広がり気持ちの良い撮影日和でした。

f:id:emikosorakara2:20211009220322j:image

▲233系

 

f:id:emikosorakara2:20211012223500j:image

▲85レ EH200-2石油

233系の撮影地より向かって左側での試し撮影です。コチラ側は午後より側面が順光になりますが、足回りが鉄橋柵で隠れてしまいました。

 

秋空が広がる真昼の多摩川橋梁。

気温こそ30℃に近いのですが、吹く風が爽やかで心地良い撮影を一人でマッタリ行っておりました。

特段のネタも無く、だからこそプレッシャーも無く、ストレスフリーな撮影は楽しい物です。

 

ただただやって来る列車を撮影しておりますと、約1km先にこの橋梁と同じように列車らしき何かが橋梁を往来している姿を目撃しました。

 

f:id:emikosorakara2:20211009220443j:image

「アレは何だろう?」

 

中央線の撮影を止め、向こうに見える橋梁へ行ってみることにしました。

f:id:emikosorakara2:20211009220440j:image

しかし、肉眼で見えるアレは思ったより離れており、歩けど歩けど辿り着きません。

約10分歩き、アレが通る橋梁へ辿り着きました。

 

 

 

そう、此処は多摩都市モノレール甲州街道駅柴崎体育館駅にある立日橋上に架かるモノレール線路でした。

甲州街道駅を出るとすぐにカーブに差し掛かり、

f:id:emikosorakara2:20211009222635j:image
f:id:emikosorakara2:20211009222639j:image

線路のへりを両股で挟み込むように?

跨る様に?いえ、四つん這いで身体を擦る様に進み、コチラへやって来ました。

(↑若干、お下劣な言い回しで申し訳ありません)

 

この型は日本跨座式モノレールと言い、ひと口に跨り式と言えども、様々な様式の跨座式モノレールが存在する様です。

気になる方はモノレールWikipediaをご覧下さい

 

 

やや逆光気味ですが、真横にやって来たところで撮影です。

f:id:emikosorakara2:20211009220445j:image

多摩都市モノレール1000系

(1403f 上北台行き)

データ原版では方向幕も車番もしっかり写っているのですが、ブログに上げると画像がボヤけるのが悩みのタネです。

 

f:id:emikosorakara2:20211009220755j:image

▲順光側の後ろ姿も撮影。

その姿、中々斬新なスタイルでして、モノレールの野暮ったさも無く、都会的で見直してしまいました。

ちょっとだけ東武の50000系にシンクロしている?

 

右下のゴチャついた電線が絡まった様なものが見えますが、コレは彫刻モニュメントでして、数羽の羽ばたく鳥を表現した物。

芸術も奥深いですね。

このモノレールの下には日立橋と言う道路橋も架かっており、"多摩モノレール通り"と呼ばれておりました。その橋の袂にこの鳥モニュメントがあり、画額に入れてみました。

芸術の秋も良いですよね?

 

こうして鉄道撮影をしておりますと車両ばかりに目が行きがちになりますが、

この日、一番イイネ!と感じたのは爽やかな濃い青空かな?

 

偶然、意外な車両を撮影する事が出来た日でした。

 

 

今回も御訪問頂き、ありがとうございました。

 

E217系長野廃車配給の撮影

撮影日2021.10.6

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

撮影に時間をたっぷりと費やすことの出来る月に一度の連休がやって参りました。

 

友人様よりコチラの廃車配給情報を頂き、早速その撮影の為にスケジュールを組み撮影して来ました。

 

今回は横須賀線で運用されているE217系、大船→長野への廃車配給列車の撮影です。

まあ、私としては一度も乗車経験は無く、御縁の薄い列車ではありますが、SNSで廃車され行く姿はよく見掛け、有名です。

そんな編成+双頭連結機を持つPFの編成だなんて、御縁は無くとも撮影し甲斐があると言うものです。

 

コチラの中央線方面への撮影経験は殆ど無く、連休と言うこともあり、前日にロケハンに出掛けておりました。

撮影地に選んだのは日野駅より徒歩10分位の多摩川橋梁です。

此処は有名過ぎる撮影地でして、鉄道ファンならば誰しも此処で撮影された画像は一度は目にした事がある程と思われます。

昼間は編成サイド光線は翳り難しいのですが、前面は順光で、且つキャパも広く、中央線初心者にはまあ最適な土手と言えそうです。

 

前日にロケハン済みですので、位置は決めており、撮影者も20名に満たない数でしたので、余裕で撮影が出来ました。

 

 

 

f:id:emikosorakara2:20211006192556j:image

EF64-1030(長岡)+E217系クラY-114(4b)

+Y-123(4b)   14:06通過

(立川ー日野)

空が雲だらけに変貌してしまった為、構図を変え、多摩川を入れてみました。

 

f:id:emikosorakara2:20211006192641j:image

▲4両編成連結部を捉える。


f:id:emikosorakara2:20211006192643j:image

▲お見送り姿。

背後は住宅街の為、切れました。

初めて生で見る217系でした。

 

現着時には晴れていたのですけどねぇ。

頂いたスジ通りには列車は到来せず、50分間待つうちに曇天になってしまいました。

其れでもチャンスが少ない配給列車の撮影が叶い、悦びと安堵感が広がるのでした。

 

無事に仕留められた時って、そんな感じでしょ?

定刻を過ぎても来ず、待つ間の不安は誰しもありますよね。

スジを確認したり、上流で撮影なさったツィートが無いかや遅延情報の確認やら。

 

そう、その安堵感ですよ。

 

 

 

練習撮影のご紹介です。

青空なんですよ(笑笑)

 

f:id:emikosorakara2:20211006192720j:image

▲209系  82編成 1199T列車

まだ中央線では2編成生存している209系がやって来ました。この顔ながら、数が少ないとなると急に古めかしく見えてくるから不思議です。

どうやら前日もこの時刻に撮影したおりましたので運用時刻が決まっている様ですね。

 

 

 

 

f:id:emikosorakara2:20211006192841j:image

▲233系 東京アドベンチャーラインHM付き

待ち侘びている間、また233系か!とガッカリさせられてしまうのですが、HM付きとなれば話は別。逃さずキャッチします。

この東京アドベンチャーラインのHMは首都圏にありながら自然豊かな体験が出来るエリアとして、中央線と青梅線のアクセスの良さをアピールすると言うもの。

なんだか白飛びしちゃって絵柄がよくわかりませんが。

 

 

 

f:id:emikosorakara2:20211006192858j:image

E353系

中央線特急の顔となったE353系です。

ちょっと前までは257系の四角いお顔を拝見出来たものですが、それも2年前に運用離脱。今ではこのスタイリッシュなシュッ!としたお顔ばかり。

この時刻は9連ばかりですが、夕刻近くには2編成連結された18両のロング編成で走ります。その長さ、見ていて結構壮観ですよ。

撮っていませんが(笑)

 

 

前日撮影の様子も折角なので、この後の記事にしてみます。

 

 

 

御訪問頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

旬じゃが臨時列車・芋臨貨物の撮影

撮影日2021.9.29

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

 

皆様、お健やかにお過ごしでしょうか?

 

3日前、無事に二度目のワクチン接種が終了したのですが、安心したのも束の間、翌日から微熱と全身の痛みに見舞われ、苦しみの週明けとなりました。

翌日は痛み止めで紛らわし仕事を乗り越えましたが、翌々日は身体が痛みで起き上がれず午後より店は開店となりました。

今朝は頭痛があり、予定していたニーナ様の上京シーンを撮り逃しております。

 

・・・・

 

己れ・・・フ○イザーワクチン!

 

いえいえ!!

そうではありません。

悪いのは感染症なのです。

なのよね!?

些か、何がいけなかったのか?

疑問の残る予防接種結果となりましたが、

これで先ずは一安心?してもいいのかなぁ?

これさえも疑問。

其れは誰にもわからないところなのでしょう。

 

 

さて、撮影はその翌々良く日の午前中。

ようやく身体も軽くなり、快気祝い?とばかりに早速、一本撮影に行っております。

この時期だけの臨時列車、芋臨貨物の撮影です。撮影地は先週と同じく 蓮田ー東大宮

通称ヒガハスです。

 

先週も宇都宮配給とセットで撮影しておりましたが、私が今季で撮影出来るのはこの日が最後でしたので、ワンモアショットとなりました。

今回は機関車を間近に捉えたく、下蓮田踏切脇へ布陣しております。此処は狭い割に交通量の多い踏切でして、あまり撮影には向きませんが、一応は舗装道路から外れた未舗装部分(白線の内側)に陣取り、通行の妨げにならぬ様、遠慮気味に待機致します。

 

 

f:id:emikosorakara2:20210929212851j:image

▲臨8054  EH500-24コンテナ

この日は先週より一分違いで到来した為、下りの231系との仲良し撮影となりました。

そう、要するに裏被り撮影です。

某、ビッグブロガーさんのブログ記事によると、北海道より運ばれたじゃが芋は埼玉県内の工場でポテトチップになるとの事。知らない間に私の胃袋に収まっているのかも知れません。今後、ポテチを見る度に芋臨を思い、感慨深く味わう事になりそうです。

 

今季の芋臨貨物は10/2迄。

 

 

f:id:emikosorakara2:20210929212907j:image

▲上り233系の撮影

練習撮影ですが、あまりに秋空が素敵でしたので広めに空を入れましたところ下カツ構図となった為、構図を組み直しました。

 

秋は空の青がどんどん濃くなり撮影が楽しみになります。

 

 

もうすぐ台風が此方へ近づいている様子。

大きな被害が出ぬ事を願います。

 

 

御訪問頂き、ありがとうございました。

宇都宮配給を撮る 2021.9.22

撮影日2021.9.22

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

宇配は此処!と決めてある撮影地が有ります。

そう、毎度の事ながら、今回も蓮田ー東大宮

通称、ヒガハスと呼ばれる田圃地帯へとやって来ました。

稲刈りも進み、だいぶ空き田が増えて来ました。稲穂ショットも終わりを迎えようとしております。

其れならば と、この地の定番撮影ポジションである大屋敷裏の塀脇へ決めました。

ここは人気の場所でこの塀沿いにズラリと三脚が並ぶ地帯なのです。

この日の様な晴天で気温高めの日は屋敷内の大きな防風林により直射日光から逃れ、日陰で爽やかに撮影が出来ます。

これ以上シミソバカスが増えては何方に会うことも叶わなくなりそうですので、有難やぁですの。

 

 

f:id:emikosorakara2:20210922201611j:image

▲8936レ EF65-1103ホキ1800形2b

今回の交番ホキは2機でした。可愛らしくタイトな編成ですが、やや広めに構図取りをしておりましたので、若干切り取りしてあります。

 

 

 

さて、撮影本番迄のお楽しみ。

この日はいつもとは違う顔ぶれの撮影が叶いました。

 

f:id:emikosorakara2:20210922201621j:image

▲233系 10両 E15編成

此処では毎回、練習撮影の標的になってしまう車両ですが、晴天下ではこんなに綺麗に輝いております。我ながら今日の233は格好良いと感じております。太陽光の力は偉大です。

 

 

f:id:emikosorakara2:20210922212315j:image

東武100系(雅編成)

宇配セットに欠かせないのがこのJR乗り入れのスペーシア新宿行き。この車両、映えるんですよ。雅編成ももうすぐ終了し、リバイバルカラーに塗り替えられてしまうので、良いタイミングで撮影が出来たと思います。

 

 

 

f:id:emikosorakara2:20210922201639j:image

▲単9146レ EF81-139

185系郡山廃車回送牽引機返却

昨日行われた廃車回送を終了し、田畑総合車両センターへ戻る姿を捉えました。

驚きましたよ。全くのノーマークでしたから。

遠目に見た瞬間、宇配の牽引機が81へと変更になったのかと思いました。

ちょっと?いえ、だいぶ嬉しい!

 

足早に通過しております。

 

 


f:id:emikosorakara2:20210922201641j:image

▲臨8054レ EH500-26コンテナ

馬鈴薯専用輸送列車(10:24通過)

今年もやって来ました北海道から熊谷タを結ぶじゃがいも貸し切り列車です。

北海道の帯広より何とコンテナ車20両、100個ものコンテナを積み、隅田川タへ向かいます。

その後、都内を走るいつものルートで埼玉県へ突入、大宮駅を通過し熊谷タで終着となります。

この東北線を走る貨物列車は抜けが多く、なかなかこの様に詰まったコンテナ編成を撮影出来るのは稀ですので、良い機械になりました。

 

ズラリとあずきコンテナが並ぶ姿は壮観そのものです。9/12〜10/2迄この輸送列車は走りますので、ご覧になって無い方は是非、観て頂きたい列車です。

 

本日はお天気も良く、収穫のある撮影が叶いました。

今回も多くの方がこの地で撮影されておりました。御一緒した皆様、お疲れ様でした。

 

 

御訪問頂き、ありがとうございました。

甲119 プラッサーマルタイ09-16の撮影

撮影日2021.9.15

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

 

この日はマルチプルタイタンパー甲種輸送の情報を頂き、撮影地に悩んでおりました。

 

今回は蘇我駅→越谷貨物タ→水戸駅のルート。

越谷ターミナルに入り機関車を交換し、水戸へ向けて再出発。

 

蘇我駅→新松戸→越谷タ は新鶴見EF65牽引

越谷タ→新松戸→水戸 は仙台EH500牽引

 

御近所である 越谷タ〜新松戸間は往路と復路で機関車を変えてマルタイを牽く姿が撮影出来ると言う事。これは願っても無いチャンスです。

 

しかし、越谷タへ向かう便を撮影出来る適当な場所が見つからないまま、妥協案として考えていた吉川駅付近の公園へやって来ました。

ここには以前に下り列車を撮影に来たことが有るのですが、上り列車には不向きな記憶があり不安だったのですが。

 

歩道橋の階段部に脚立を置き、上がって構えておりましたらバランスを崩しました。

危なかった(汗)

結果、とてもブレてしまいました。

取り敢えずの撮影はしましたけど。

f:id:emikosorakara2:20210916221432j:image

▲9175レ

EF65-2092プラッサーマルタイ09-16/CST

(吉川美南ー吉川)

ちょっとぉ スワイプしないで! 

って遠回しに記述したのに。

貴方ときたら。

 

ここからは機関車の正面側から編成全てを撮影出来るスペースは有りませんでした。

依って、サイド後方からの撮影をしております。

 

撮影地に迷いがあると良い結果は得られない物ですね。出向いたからには信念を持って撮影に挑まないとこの様な結果になるのです。

取り敢えずPF牽引だった事が記録出来ただけでも良いと思う事にして。

 

次、行ってみよう!

 

 

さて場所を移動し、以前より気になっていた撮影地へ来ております。吉川美南駅付近に有ります中曽根跨線橋です。

ここは片側のみ歩道が設けてある2車線道路の跨線橋でして、下り列車の撮影が可能です。

初の撮影地、早速撮影してみます。


f:id:emikosorakara2:20210916221434j:image

▲9953レ  EH500-23マルタイ甲種

(吉川ー吉川美南)

良き太陽光に恵まれ、順光撮影が叶いました。

今度は三脚を使いましたので、まさかのブレは無く無事に撮影しております。

このショットでは圧縮され、短く感じるマルタイですが。
f:id:emikosorakara2:20210916221443j:image

▲マルタイメインで撮影

こうして一両を間近で見てみると様々な機械の組み合わせの様相でして、思ったより車体は長めです。牽引機のキンタと同じくらいの尺がありそうです。

 

 

それしにしても、マルチプルタイタンパ って、どんな工事をする車両なの?

"突き固め作業" と言いますが。

調べてみました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

機械がレールを掴んでミリ単位で持ち上げ、枕木下に隙間を設ける→ツール(爪のような部分)で砂利を突き固め、枕木下に砕石を入れることで予定の高さに線路を直していく。

またペダル操作により自走できるため作業もスムーズにできる。この作業で突き固めだけでなく、同時に高さの調整(高いところを低くすることはできない)や左右方向の歪み(狂い)も直している。ポイント部分でも突き固めることのできる高機能なものもある。最近ではこの作業の邪魔にならない形状のATS地上子が増えていて、突き固めたときに飛び散るバラストから地上子を保護するカバーも設置が進んでいる。

ーー上記Wikipediaより参照ーーーー

終電後の沿線で深夜にマルタイ作業を目撃した事があるのですが、地べたを叩く様な大音量と共に砂利が擦れる様なシャリシャリ音も聞こえてくるのです。一台の機械の中で色々な線路のメンテナンスを行なっているのですね。

様々な機械を組み合わせた様な形状は納得の行くところです。

 

 

 

さて、マルタイ撮影後、素敵な撮影地でしたので、その他の列車も撮影しております。

f:id:emikosorakara2:20210920224155j:image

▲231系の離合シーン

障害物は多いのですが、上下線が並ぶ位置で撮影。

 


f:id:emikosorakara2:20210916221437j:image

▲75レ  EF66-120コンテナ

中々、良い俯瞰撮影の出来る場所の様です。

ただ、下り列車のみの撮影に適した場所です。お昼前後ならば順光で撮影できます。

サメちゃんのシャトル便、お気に入りの一枚になりました。

 

 

 

御訪問頂き、ありがとうございました。