女将さーん鉄道撮影の時間デスよ! 

焼きとり屋 えみソラ女将の鉄道撮影日記ブログ

京都撮影訪問④調子踏切で賑やか撮影

撮影日2020.11.3

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

京都遠征記第4話目です。

 

撮影地は調子踏切です。

午前中はお天気に恵まれ、絶好の撮影日和。

f:id:emikosorakara2:20201121222837j:image

逆光気味撮影ですが、線路の脇に麦酒工場も見えます。円筒型のタンク?がビールを連想させ

 

撮ろう!今日はとことん付き合って

       今ワタシ気分爽快ですの〜♪

 

そんな!?だったか?

森高ちゃんの歌が頭をよぎります。

しかしこの曲、何気に失恋ソングなのですよね

胃の調子もあまり宜しくないので、

本日はルービー  止めておきますけど。

 

 

さて、撮影していて気がつくのはEF210をよく見かけること。

▼62レ  EF210-166(吹)コンテナ 山崎ー長岡京

f:id:emikosorakara2:20201122211439j:image


f:id:emikosorakara2:20201121222834j:image
▲1072レ EF210-308(吹キャラ無し)コンテナ

同じ様なショットになりましたがEF210は今後も増備され、機関車は桃ばかりになる日も近い事を意味しているのでしょうか。

原色のままの物や黄色いラインの300番台、その中でも桃太郎と愉快な仲間たちのイラストがある物と無い物が存在するようですね。

関東では珍しいイラスト入りや白ラインが普通に見られるのです。

 

黄色いラインのものは新造

 

白ラインは原色からの塗り替え機?

 

白桃に桃太郎と愉快な…のイラストは入っていない?

 

今後、イラストは全ての新造機に入れられる?

 

そんな見解が頭の中をぐるぐると巡るのでした。

 

 

さて、お昼ご飯は折角 京都に来たのですから、何処ぞの京料理店でも。

なんて、私の辞書には今のところ存在致しません。私のいつもの撮影スタイルを難波氏に事前にお願いしておきました。

ですので希望通り、コンビニランチをこの撮影地でサクッと済ませ、午後も撮影三昧の工程です。

 

午後からは下り列車の撮影です。

憧れの村田製作所のビルをバックに入れて。

f:id:emikosorakara2:20201121222932j:image

▲5087レ EF65-2085(新)コンテナ

素晴らしく大きなカーブです。何枚か連写しましたが、どれも串刺しでした( ̄▽ ̄;)

関西貨物の中では稀少な(のだそうです)EF65が充当されたこの便、難波氏の御友人の皆さまが揃っての撮影になりました。きっとこの後出場する甲種輸送撮影の前哨戦なのでしょう。

列車を待つ間、皆さまとても賑やかで楽しそうにお話しなさっており、気心知れた顔ぶれの中で安心して撮影出来る良い雰囲気なのでしょう。

皆様の日々の努力の賜物なのだと感心仕切りです。

お互いが思いやりを持って譲り合う。

同じ撮影地で偶々 居合わせた者同士、そんな気持ちで接する事が出来れば、トラブルは無くなるのでしょう。

温かでホッコリとした気持ちになれる撮影地。素敵だな、と思うのでした。
f:id:emikosorakara2:20201121222845j:image

▲列車が接近してきたところを撮影地の様子も入れて撮りました。機次位がコンテナ無しなので単機の様に見えちゃいますね(汗)

お顔が入ってしまった方、申し訳ありません。PFと同じ色の四角いマスクでカバーさせて頂きました。

 

御一緒に撮影で出会われた皆さま

ご親切にありがとうございました。

いつか、またの撮影で出逢われた日には

宜しくお願いします。

 

 

 

 

       〜鉄子の独り言〜

 

     調子の親分さんはイイ調子

 

私は産まれも育ちも東京の南千住です。

そう、隅田川貨物ターミナルの直ぐ隣。

しかし、江戸っ子では無く下町っ子と言う方がしっくりくるのです。

東京には人との接触を嫌い、個で暮らしていく冷たい都会人のイメージがある  と、聞いたことがあります。

しかしながら、土地が狭いこの界隈、特に下町は御近所との距離が近く、拘わりも必然的に濃くなるものです。

若い頃こそ、そんな面倒な地元には興味も湧きませんでしたが、歳を重ね、経験が増えると

今度は自分が御節介を焼く側に回っている事に気が付き、そんな御節介出来る御近所付き合いも有難いと思うようになるのでした。

 

調子踏切周辺での撮影は記事内にも記載しましたが、目玉の甲種輸送もあってか人が集まり賑やかなものになりました。

列車を待つ間は談笑し過ごしている皆様。

私はただ聞いて笑っておりましたが、撮影歴は大先輩と思しき関西弁オジ様を中心に笑顔が絶えない様子です。これは日常の此処での撮影風景なのでしょう。

そのオジ様が一枚のモノクロ写真を私に差し出されました。

f:id:emikosorakara2:20201125100616j:image

拝見すると、それは鉄橋を渡るSLが客車を牽く様子を撮影されたものでした。

オジ様曰く、撮影されたのはおよそ50年近く前。

撮影場所は保津峡ー嵯峨野(現在は嵯峨嵐山)で、山陰本線の旧線になります。
トンネル入口のレンガにもたれながら撮影したのだとか。
因みに今は立ち入りNGな保線用の犬走りと呼ばれる線路脇に設けられた通路から撮影しているそうです。
この区間は本数が少なく、当時は皆SL列車だったそうで、他の列車も写真と似たり寄ったりな列車が走っていたそうです。

↑(難波氏のオジ様へ聴き込みをして頂いた文面を使用させて頂きました)

写真を手に楽しそうにコテコテの関西弁でお話しされるオジ様。列車通過時には手を伸ばし機関士さんへ挨拶され、列車を見送ったそうです。

今では考えられない撮影スタイル。

保津峡ー嵯峨野間と言えば長いトンネル区間でそこを歩いて抜け、トンネルの淵に一人立ち、撮影されたそうです。

昔のこの辺りの山陰本線は現在の嵯峨野トロッコ鉄道の線路を使用していた事を聞いたことがありますので、今現在のトンネルとは違った線路だったのかも知れません。

そんな武勇伝を聞きながら写真を眺め、大切な写真を譲って下さった親分様。

そんな堂々たる世話焼きが嬉しくて、胸にじぃ〜んと染みるのでした。

 

貴重な想い出と大切なお写真、ありがとうございました。

また、この写真の掲載をお許し下さり感謝の念に堪えません。宝物にさせて頂きます。

そして、難波氏にもこの記事を作成するに当たり御協力頂きました事、御礼を申し上げます。

 

そんな素敵な方々が集まる撮影地。

互いに心配し合い助け合う。

関西弁のアットホームな雰囲気も相俟って、

何処か私の育った下町の人情味ある故郷に似ている と感じたのでした

 

 

長々と綴ってしまいました。

最後まで御覧頂きありがとうございました。

もう一話続きを書こうと思います。

またお付き合い下さると嬉しく思います。

東武鉄道がカッコ良く撮れる!タケニシ間で撮影して来ました2nd

撮影日2020.11.18

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

久しぶりに東武鉄道の竹の塚〜西新井間へやって来ました。前回来てから2年も経ってしまいました。

ここは有名な撮影地、タケニシであります。

そうです。あの

"東武がカッコ良く撮影出来る"

のです。

 

複々線を平地で撮影出来、

しかも大きな弓なりカーブの

御近所では稀少な良好撮影地です。

 

▼1811レ  200系

f:id:emikosorakara2:20201118173959j:image

街中でも秋、真っ盛りです。

沿線の公園で桜の木の下に潜り込み、脚立に上がり桜の木越しに撮影してみました。

特急ですので、スピード感が出せましたでしょうか?

 

この近辺は南北に線路が伸びており、昼前後に下りが順光、上りがド逆光となります。

▼867Sレ

f:id:emikosorakara2:20201118183011j:image

▲上り側 西新井方面 8115f

 

▼1069Sレ
f:id:emikosorakara2:20201118183015j:image

▲下り側 竹の塚方面   8104f(後ろ姿)

上の2本はメトロ半蔵門線8000系。

(時系列はバラバラです)

 

 

f:id:emikosorakara2:20201118181145j:image

▲1025Tレ   71792f

右上からの太陽光で側面は翳りました。

THライナー用の70090系が中目黒行き運用に充てられておりました。

これは珍しい事では無く、割と頻繁に普通列車運用に就く姿を見かけております。

普通列車使用時は個別の回転式座席がロングシートタイプで並んでおり、それが女性受けしているそうです。

お隣さんとの適度な距離感とアームレストも好評価なのだとか。

 

 

お昼を過ぎ、そろそろかな?と思った頃に2両8000系がやって来ました。

 

▼左奥が西新井駅

f:id:emikosorakara2:20201118212442j:image

先ずは西新井駅を出場する姿を望遠で流します

 

f:id:emikosorakara2:20201118190148j:image
▲6817Dレ  8665+8565 (回送)

接近して来たところを背景に桜の紅葉を入れて流しました。逆光で白い列車ですので、まあ飛びまくりもご容赦くださいませ。

西新井駅と言えば、大師線との接続駅であります。この2両編成は亀戸線大師線の運用を終え、北春日部車両基地へ点検入場へ向かいます。本日のカラーは元祖8000系のジャスミンホワイト塗装でした。

 

 

f:id:emikosorakara2:20201118175941j:image
最後にもう一枚、桜の紅葉の額に入れ、撮影終了です。

 

f:id:emikosorakara2:20201118214654j:image

▲竹の塚駅方面

下り急行が高架を上がって行く様子。

かなり望遠で撮影しました。

竹の塚駅側は高架工事が進んでいる様子。

西新井駅から上り線は高架駅ですので、もう何年かすればここも高架になり駅撮影しか出来なくなるのでしょうね。

この辺りの景色、我が地元駅周辺に似ているのです。春日部駅も何年か後には高架駅になる様です。我が地元近辺は未だ高架工事の予定はありませんが。今の内に撮影を楽しんでおこうと思います。

 

 

御訪問頂き、ありがとうございました。

又のお越しを心よりお待ちしております

京都撮影訪問③調子踏切で貨物などの撮影

 

 

撮影日2020.11.3

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

京都遠征記第3回目です。

 

2箇所目の撮影地は 山崎〜長岡京 間にある

調子踏切へやって来ました。
f:id:emikosorakara2:20201112235555j:image

 

この区間は距離のあるS字カーブになっております。踏切の隣には大カーブが見え、まるで

「早く撮影してちょうだい!」

と呼んでいるかのように撮影意欲を掻き立てます。

f:id:emikosorakara2:20201112235550j:image

 

 

あら?定点カメラ!?

f:id:emikosorakara2:20201113000009j:image

現場を少し離れている間に難波氏が私のカメラをポール上に据え付けて下さいました。

この固定器具、難波氏の自前です。

そして緑色のプラスチック製のいつもの踏み台も二つ持参されておりました。

この柵超えでの撮影は高さが必要ですので

踏み台は必須アイテムなのです。

撮影地を知り尽くした方ならではの秘密兵器ですね。

"郷に入れば郷に従え"

と申しますので、このポジションで撮影してみます。

さて、氏はどんな構図を取られたのやら。

 

 


f:id:emikosorakara2:20201113000013j:image

▲62M  287系

くろしお12号がやって来ました。

子供連れではありませんが噂のパンダのラッピングですね。

これ見ちゃうと、関西に来た事を本当に実感いたします。感動で目がウルウル…

しなかったのは 思いの外、パンダのお目目が厳ついからでしょうね。

美しいアウトカーブ構図で撮影出来ました。

流石は難波氏のプロデュースです。

 

 

 

 

f:id:emikosorakara2:20201113212042j:image

▲52レ  EF210-157コンテナ

初撮影になります福山レールエクスプレスの到来です。福岡ー名古屋を結ぶ福山通運専用便な為、埼玉では見られないのが残念です。

この日のコンテナは少しずつ違う塗装のコンテナでした。全て同じ物が揃う日もあるのかもしれません。

f:id:emikosorakara2:20201115223344j:image

後方のコンテナに青春の文字が。

ワタクシ、色々な事情で若い頃はあまり遊ばずに青春期を通過してしまいましたので

今、まさに第二の青春を謳歌していると実感しております。

撮影、楽しいですから。

 

 

 

▼1070レ  EF210-311コンテナ

f:id:emikosorakara2:20201113223211j:image

▼貨物列車と行き交う207系に興奮!

混んでるなぁ。
f:id:emikosorakara2:20201113223208j:image

実は私、キャラ桃に会うのも撮るのも初でした。

複々線が平地にある撮影地ならではの光景を目の当たりにしました。

複々線に何本かの編成が並んで走る姿はあまり見られないので、撮影していて心が浮き立ちました。全ての線に並んだ日にはさぞや壮観な事でしょうね。

 

 

 

 

f:id:emikosorakara2:20201113215236j:image

▲2062レ EF66-122コンテナ

思えば地元付近の武蔵野線内を走る貨物では

線路と同じ位置へ立てる撮影地か少なく、跨線橋俯瞰や築堤下から見上げる構図での撮影ばかり。

こんな好ポジションならではの構図の悩みもある事を撮影してみて気がつくのでした。

サメちゃんのスカートに羽子板が刺さって痛いわぁ。

羽子板は桐の街 春日部の名産品です

(↑地元の宣伝)

 

でも、この写真好きなんですよ。

カーブに入りたての機関車って傾くでしょ?

機関車の傾きとサイドの窓がキラキラ光る様、

機次位後のコンテナがネジれて並ぶ様や

縦横の電線が天井の様に埋め尽くされる様も

見れば見る程、シビれます。

スタイル良く、美しく泳ぐ鮫だわ。

 

 

こんな素敵な撮影地ですので、当然 他にも撮影される方が集結します。

驚いたのは、皆、此方の御常連様で難波氏のお友達ばかりでした。

いらっしゃる方皆様を氏よりご紹介して頂きました。

皆さん楽しそうに難波氏と会話している姿を拝見し、氏の御人柄の良さが伺える場面を見る事が出来ました。

皆さん、調子踏切ファミリーなのでしょうね。

此処へ撮影に通い詰める理由も分かる気がします。

こちらで一緒に撮影された皆様と氏に感謝申し上げます。

 

そして、関西弁が行き交う賑やかな撮影地

今までちょっと味わった事のない撮影体験をさせて頂きました。 

電車待ちの間、聴き耳立てているつもりは無いのですが、聞こえて来てしまい思わず笑ってしまうのです。

突っ込みたくなるウィットに富んだ会話

この感じ、リアル漫才!?

 

あ〜楽しかったな(笑)

もう一度皆さんと撮影したいです。

本当に遠い事が悔しい。

 

 

沢山撮影致しましたので、続きは次の更新で。

 

 

御訪問頂き、ありがとうございました。

次回もまたお待ちしております。

 

武蔵野貨物でEF66-103の撮影

撮影日2020.11.11

 

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

京都撮影記の更新は今回はお休み。

また次回にし、本日の撮影分の公開記事になります。

 

f:id:emikosorakara2:20201111203314j:image

▲1304E  231系(後ろ姿)

この日は午後より時間が出来ましたので、身近な撮影地である出羽公園へやって来ました。

だいぶ晩秋の様相を呈しており、ススキの穂が強めに風になびいております。

北風が冷たい!

 

この日の定期便である74レにEF66-103が運用に入ると見込んでやって来たところ、他にも数名の撮影者がいらしておりました。皆様、考えることは同じの様です。

安堵し待ち構えます。

 



f:id:emikosorakara2:20201111203324j:image

▲74レ EF66-103(吹)コンテナ

西も東も桃ばかり。吹田機関区もEF210が増殖し、EF66は最早、絶滅危惧種の域に入り始めましたね。

今後も被写体としての人気は上昇しそうです。

27号機の様に 丸ザメも一機のみ残しては頂けない物でしょうか?

f:id:emikosorakara2:20201111220532j:image

シンメトリーな菱形フォルム、格好良いです。

 

 

 


f:id:emikosorakara2:20201111203330j:image

▲5094レ  EH500-44(仙)タキ12+トキ6

此処へ訪れたからには安中貨物のスルーは出来ません。この日は積載良好で迫力ある編成でした。

 

 

 

16時近くなると、だいぶ日も傾き、日差しも赤らみ始めました。本日の日の入り時刻は16:37

撮影時間も詰まって来つつあります。

f:id:emikosorakara2:20201111205304j:image
▲出羽公園の晩秋

実は銀杏の木の黄葉を見込んで来てみましたが、まだ緑色が濃いです。この分ではもう半月は掛かりそうですね。

公園と築堤の間に立派な舗装道路が完成しておりました。もうすぐ車が入る道路になってしまうのでしょうか?そうなると築堤脇には柵が設けられる事になるやも。

撮影地の危機が迫っている嫌な予感が致します。

 

 

 

f:id:emikosorakara2:20201111205512j:image

▲1094レ EF64-1005(愛)コンテナ

 

f:id:emikosorakara2:20201111203311j:image

▲手を振って頂けました。

この撮影地は公園内ですので、すぐ後ろには遊具で遊ぶちびっ子達が遊びながら電車に手を振る を繰り返す光景が見られます。

気の良い機関士さんは短めに汽笛を鳴らし、手を振って下さいます。

私達撮影者もちびっ子に肖り、窓から手を出し振る姿を捉えます。


f:id:emikosorakara2:20201111203334j:image

最後は見送りで後ろ姿を。

夕陽を浴び、オレンジジュースパックになった64を撮影して終了です。

 

一緒に撮影された皆様、御親切に接して下さりありがとうございました。

 又、ご訪問頂いた皆様にも感謝申し上げます。

 

京都撮影訪問②クモヤ443系を俯瞰撮影

撮影日2020.11.3

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

京都遠征記、第2回目です。

 

月に一度の店連休を利用し、京都は山崎〜長岡京間へ撮影に来ております。

 

前日の夜まで仕事した後、急いで帰宅し家事を済ませ、埼玉県より高速バスに揺られる事8時間近く。早朝6時前には京都へ到着する弾丸工程でした。

実は夜行バス乗車は今回初めてでして、なるべく年取らない内に一度は体験しておこうと言う思惑もあり。

"ゆったり3列シート"  

"個別カーテン付き"

"女性安心"

等と聞こえの良い安心句に釣られ、これならイケる!と気張って乗り込みましたが。

やっぱり辛い(汗) 足が…

f:id:emikosorakara2:20201107223454j:image

深い眠りに着きそうになる瞬間、足に異変を感じるのです。狭いシートの上で寝返りを打ち足を動かし、一人暴れるちゃんになっておりました。

コレ、エコノミークラス症候群を感じる瞬間と察し、オチオチ熟睡出来ないんです。

一度体験すれば気が済む 

正にそんな感じの初高速バス乗車体験でした。

「高速バスにヤられる」

大泉洋さんがHTVの番組で仰っていたのはこういう感じだったのですね。

記念に写真でも撮って置けば良かったわ。

バスもだけど、もっと色々と。

 

 

 

さて、この日の撮影地と撮影プログラムは難波氏にプロデュースして頂きました。

氏に全てお任せしてしまい、感謝の念に堪えません。

 

先ず第一の撮影地は見晴らしの良い歩道のある陸橋上へやってきました。

此処は名神高速道路のすぐ脇に並行する道路、天王山古戦橋の歩道上。

難波氏のブログでよく登場する現場、

"名神クロス"  と呼ばれている撮影地です。

ここからの眺望は素敵。山に囲まれた中に街が広がり、中心を高速道路と鉄道が突き抜けております。京都盆地が一目瞭然。

f:id:emikosorakara2:20201108001551j:image

高速道路と遥かに見えるのは鞍馬山

朝7時着。良いお天気です。


f:id:emikosorakara2:20201107211344j:image

▲先ず、JRWの中でも馴染みのある221系がやって来ました。白地にベージュブラウンという落ち着いた塗装が好みなのです。

キチンと捉えられ嬉しいです。

 

 

EF510-512(富山)+コンテナ(列番不明)
f:id:emikosorakara2:20201107211357j:image

▲初めて見る青510さま。車体は労働の過酷さを表す様に埃に塗れておりました。

汗泥塗れになっても形振り構わず働く姿は美しいですの。


f:id:emikosorakara2:20201107211354j:image

▲あっ!阪急が見える。

東海道線と並行して阪急電鉄も走っておりました。この橋のもっと奥へ行くとあちら側も撮影出来る様です。次回は行ってみましょ。

 

 

さて、ここでのミッションのメイン列車である

雲屋夜夜美がやって来ました。
f:id:emikosorakara2:20201107211351j:image

▲クモヤ442-2+クモヤ443-2

 


f:id:emikosorakara2:20201107211611j:image

f:id:emikosorakara2:20201107211608j:image

1両目の2-2が信号検測、3-2が架線検測車のようです。確かに屋根上には窓の様な物も見受けられます。懐かしいデザインの車体と変わった塗装。小ぢんまりと可愛らしいです。

芋虫みたい。失礼かな。

 

 

其れにしてもここ、奇跡の撮影地ですね。

カーブポイントで見通しを遮る建物も無く、歩道上の防護壁も撮影出来る位置に支障がありません。歩道にはガードレールもあり安全。

稀少なポイントと言っても過言では無いでしょう。

 

ここでは難波氏のお知り合いの撮影者さんが居られ、又、関西のビックブロガーさんにも初めてお目にかかる事が出来ました。

難波氏も十分、ビックブロガーさんなのですけどね。

皆様、御親切に接して下さり感謝申し上げます。

 

 

この地に立って思ったのですが、この感動に似た感覚はひょっとしてまさかの聖地巡礼!?

難波ポヤシs'サンクチュアリ??

(笑)

 

 

 

次回の更新は次の撮影地での様子を。

 

御訪問頂き、ありがとうございました。

又のお越しをお待ちしております。