女将さーん鉄道撮影の時間デスよ! 

焼きとり屋 えみソラ女将の鉄道撮影日記ブログ

安中駅で貨物の入れ替え作業を見学

撮影日2021.4.6

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

この日は吾妻線で撮影後、信越線へと撮影地を移動しております。

 

以前より訪ねてみたかった安中駅へやって来ました。ここ安中駅横には亜鉛の精錬工場である東邦亜鉛株式会社の工場と、その貨物の引込み線が広く備えられており、ホームからは入れ替え作業を見学する事が出来ます。

 

昨年夏、亜鉛の発送元である東邦亜鉛いわき工場から出場する貨物を担う福島臨海鉄道へも

この亜鉛輸送の工程を知る為、撮影に出向いております。

 

emikosorakara2.hatenablog.com

emikosorakara2.hatenablog.com

夜跨ぎの5095列車の撮影は記録しておりませんが、別の便である2095列車のEH500が泉駅へ到着し、荷物を解く姿を記録しておりますので、御覧頂き、そのイメージを捉えて頂き易いと思います。

 

 

大まかにこの亜鉛輸送(通称、安中貨物)のルートを説明しますと、

東邦亜鉛工場の小名浜製錬所〜安中製錬所へ

焙焼された焼鉱や、亜鉛とその中間製品を輸送する物で、工場で積まれたコタキとオトキは福島臨海鉄道のDD56形牽引により泉駅へ発送されます。

泉駅からはJR東の牽引で、EH500により此処、安中駅まで発送されます。

 

[返空]

20:45発 6:32着

高崎操→(5098)大宮

大宮→(ヨ5095)水戸→泉

ーーーーーーーーーー

[単機]

泉→(5095)いわき→(5094)泉

ーーーーーーーーーー

[積載]

11:41発 17:07着

泉→(5094)大宮→(5097)→安中

ーーーーーーーーーー

[返空]

20:04発 20:21着

安中→(5098)高崎操

 

(2021年度現在) 

記録として残す為、記しました

 

 

さて、撮影地は安中駅先(下り側)にある線路を跨ぐ道路の脇に、工場へと続く歩道階段があり、此処より入れ替え作業を俯瞰で撮影致しました。

 

 

16:30頃、動きがありました。

いよいよ貨物入れ替え作業が始まる様です。

工場内は緑のスイッチャーDB301が先導役を果たしております。

f:id:emikosorakara2:20210413222117j:image

構内に3と2に分けて留め置かれていたオトキを牽引、5bに連結させ、奥の留置線へ押し込みました。

 

 

 

17:14、若干遅れて5097列車が到着致しました。

 

この日の荷物はオタキ12b+オトキ2bと、中々の積載がありました。
f:id:emikosorakara2:20210413222101j:image

 

 

EH500は牽引を解き、ポイントを変え、荷の後方へ下がって行きました。
f:id:emikosorakara2:20210413222111j:image

この後はスイッチャーDB301が荷物を担い、

コタキを2bに切り離し、工場の奥へと牽引して運び入れます。

 

17:30、そろそろ日も暮れそうです。浅間山が綺麗に見えておりました。

f:id:emikosorakara2:20210414174023j:image
f:id:emikosorakara2:20210413222120j:image

5097列車が到着前に隅へ寄せて置いたオトキに丸カンが充てがわれております。

この5bが今夜の貨物の最後尾に連結される様です。

どうやら、前日に運ばれてきたオトキは翌日に牽引され、小名浜工場へ戻るのですね。

 

 

 

 

目の前で見学出来そうな安中駅下りホームへ戻って来ました。

 

コタキを2bずつ工場へ運び入れる作業を6回繰り返しました。
f:id:emikosorakara2:20210413222106j:image
f:id:emikosorakara2:20210413222125j:image

後方に控える一つ目点灯のEH500-9を桜と共に捉えます。数の少ない若番塗装車に当たった事もラッキーでした。

 

 

18:06  1時間掛けて約半分の荷物の納入が終了します。

f:id:emikosorakara2:20210413222621j:image

コタキを半分工場内へ入れた後、空の6bを引き連れて駅構内へ戻って来ました。

取り敢えず、脇の線路へ留め置きました。

 

 

その後もコタキを2bずつ工場内へ運び入れます。露出が徐々に持たなくなり始めました。
f:id:emikosorakara2:20210413222625j:image

 

 

18:47 留め置かれたコタキと工場夜景
f:id:emikosorakara2:20210413222629j:image

山の斜面に東邦亜鉛工場は立ち、様々な形のプラントが斜面一杯に拡がっておりました。

夜になると点灯したライトが闇に浮かび、要塞の様にも不夜城の様にも見えてきます。

 

最後の荷、オトキ2bの納品が終了し、この日の荷物は全て工場内へ納まりました。

 

 

そして最後は、この後 一時間後に立つ5098列車の編成を組み立てます。

 

空のコタキをDB301が入れ替えながら6b+6bに繋げ、EH500の近くへ留め置きます。

f:id:emikosorakara2:20210413223312j:image

 

最後に前日のオトキ5bを繋げ、編成を完成させました。
f:id:emikosorakara2:20210413223308j:image

 

19:08  約、2時間掛けて荷物開放と返空便の準備が整いました。
f:id:emikosorakara2:20210413223305j:image

最後の小名浜駅行きの空編成

EH500-9+コタキ12b+オトキ5b

 

この後、20:04発の5098列車で高崎操車場へ向かい、EH500-9の仕業は終了となります。

その先は新たなEH500の牽引により泉駅へ立つ事になるのです。

私はこの一分後の電車で帰宅に就いておりますので、その様子は記録出来ませんでしたが。

 

 

 

この安中貨物に興味を持ったのは、以前、高崎線沿線で81牽引の工臨撮影に出向いた時、同じ撮影地で出会った同世代の女性撮り鉄さんが囁いた台詞からでした。

 

「安中貨物まで撮影して帰ります」

 

その後、この便が私の御近所を日常的に通過している事を知ります。

撮影の注目度が上がり、赤い機関車と赤い貨物に面白味を感じる様になり、魅力に取り憑かれたかの様に福島まで撮りに行く程、入れ込んでしまいました。

いつかこの便の終着点である安中駅へ撮影に行こうと機会を待っておりました。

ようやく撮影が叶い、点と点が結ばれた様に感じ、達成感で満たされております。

 

 

記録的な記事になり、長くなりました。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

高崎211系矢絣ラッピング車を追いかけ撮影

撮影日2021.4.6

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

前記事の続きの撮影記になります。

小野上工臨を撮影後、遅延はあったとは言え

時刻はまだ11:30。

祖母島駅より取り敢えずやって来た上り列車に乗車し、撮影地で出会った御歳80のオジ様鉄さんとお話をしながら移動する事に。

次は何処へ行こうか話していたところ、金島駅での列車交換時、何と今月より運行開始した矢絣ラッピングの211系が停車中。

今日は吾妻線内での運行日の様です。

こちら方面での撮影で会える事を期待していた編成が、 今まさに隣に!

オジ様鉄さんに御礼を申し上げ、急いで隣の下りホームへ周ります。

出発時刻も分かりませんので、逃してはなるまいと、取り敢えず矢絣に乗車しました。

先程の祖母島駅へ戻り、良景色の中を走る姿を撮影しようと試みました。

 

 

f:id:emikosorakara2:20210411204357j:image

▲211系  A28編成(後ろ姿)  祖母島ー小野上

祖母島駅下車後、小走り10秒でこの景色撮影を手に入れる事が出来る好立地なのです。

ここでの撮影は実は撮影地の第二候補に目を付けていた場所。工臨撮影はここではできませんでしたが、矢絣211系を捕まえました。

背景の山、新緑や紅葉シーズンには明るく染まり、美景を愉しませてくれそうですね。

 

 

この矢絣、確か内装も工夫があると聞いていた事を思い出しまして。

 

f:id:emikosorakara2:20210410224139j:image

▲211系 A28編成  座席背もたれの様子

 

両毛線沿線の市の花をモチーフにした座席。

そして、両毛線は生糸、織物の輸送と共に発展した歴史があり、矢絣模様が採用されております。何処か着物(和装柄)を連想し、鉄道と織物文化の融合を感じました。何かもう少し装飾も欲しいところですが、予算等、大人の事情もあろう、そこを突っ込むのは野暮と言う物でしょう。

この矢絣編成、僅か一編成のみの運行でして、

 

「出会えたらラッキー、会える確率は約3%!?」

 

の触れ込みで駅構内のあちらこちらで宣伝ポスターが掲載されておりました。

これは 「Mコネクト〜線路は続くよ♪地域をつなぐプロジェクト〜」 キャンペーンの一環で、6月30日までの予定だそうです。

限定とか、残り僅か 等のセリフに弱いのよ。

両毛線信越線、吾妻線上越線普通列車で運行されております。 

しかしながら、早速 出会えてしまった私。

その3%確率の当たりなのでしょうか。

ええっ!こんな事に運を使ってしまって良いのだろうか?

こんな事なら宝くじでも数枚購入しておくべきだったのか。

いえいえ、鉄道ファン的には正しい運の使い方だと信じた方が楽しい撮影行となるのでしょう。

 

f:id:emikosorakara2:20210410000513j:image

祖母島駅ホームで

しかし、急いだ甲斐もなく、意外にもホーム停車時間が一分程あり、表題撮影の前にサイドから方向幕と矢絣模様をメインに撮影。

 

f:id:emikosorakara2:20210411211607j:image

そして、無事に撮影出来たと言うわけです。

 

しかし、この編成を前面から撮影しておきたいところです。戻ってくるのをこの駅周辺で2時間40分も待ちました。何しろ一時間に一本のダイヤ。この時間に至っては2時間に一本。

その間、周辺をロケハン散歩して時間を潰しました。

 

 

f:id:emikosorakara2:20210411001350j:image

▲A27編成 新前橋行き(14:09)

残念ながらやって来たのはラッピング車ではありませんでした。矢絣ラッピング車の撮影は諦め、仕方無くこれに乗車し、別の路線に向かっております。

 

 

しかし、この日の帰りがけ、高崎駅信越線運用に就いていた矢絣ラッピング車に遭遇する事が出来ました。

f:id:emikosorakara2:20210410000139j:image

▲A28編成  水上行き(信越線運用)  19:28

 

何とか前面からの撮影に漕ぎ着ける事が叶いました。御縁があった様です。

 

続く〜。

 

御訪問頂き、ありがとうございました。

小野上工臨を撮影してきました

撮影日2021.4.6

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

 

貨物ちゃんねるで貨物情報を確認すると、神立や岩切 等、知らない地名と列車番号が記されております。それはその仕業が行われる直前、又は出発後に記載されているようです。

直前にその情報を見つけても時刻や撮影地も分からず、しかも直ぐには撮影地へ行けませんので、

結局、終了又は通過してから何処で行われていたのかを知る事となります。

先日、とある工臨情報を午前中に見つけ、時刻表を調べ出掛けてみました。

現地で予定時刻を過ぎても一向に現れず、もう一度情報を調べたところ、何と午前中に出されていた情報が消えておりました。

 

ガセだったのか?其れとも中止になったのか?

記載ミスやも。

 

やはり、キチンと時刻がわかった上で撮影に出向かないと、こうなってしまうのですね。

 

 

先日、友人から頂きました工臨情報に

小野上…とありました。

知らない地名でした。しかも時刻が不明。

早速、何処なのか?どんな撮影地なのか?

調べてみます。

出場する機関車も撮影地も素晴らしく魅力的。

そんな魅力に惹かれ、時刻も自分で調べた物を手に、半信半疑なまま、初めて訪れる吾妻線(あがつません)の祖母島駅(うばしまえき)へやって来ました。

"わが妻は姥になってしまった" じゃなくて良かった。

 

 


f:id:emikosorakara2:20210407210009j:image

f:id:emikosorakara2:20210407210012j:image

ホームに駅名看板と屋根付きの待合室があるだけの無人駅です。

改札もICカードリーダーもありません。

f:id:emikosorakara2:20210407210237j:image

しかし、高台にあるホームからの眺めは最高に美しく、山の斜面や町中は花盛りでした。

 

さて、上の写真は工臨撮影後に撮りましたので青空ですが、現着した時、暗い曇り空でした。

 

f:id:emikosorakara2:20210407210914j:image

▲単9143レ  DD51-842   9:47  金島ー祖母島

 

単機でそそくさと急ぐかのように走り抜ける842号機。高崎駅を出発し、小野上駅へとホッパ車を迎えに行きます。

どんより空ですし、背景の鯉のぼりもしなだれており、ちょっと寂しげな印象になってしまいましたが、流石はDD51。単機でもそのオレンジに輝く姿に特別な存在感を感じるのでした。

 

さて、定刻を過ぎてもオレンジ色はやって来ません。何かトラブルがあったようです。

 

f:id:emikosorakara2:20210407210910j:image

▲万座鹿沢口行き (後ろ姿)11:18 

定刻40分が過ぎました。やって来た列車で光確認の為、撮影します。

遅延している間に天候が回復してきました。

しかし太陽の位置もズレ、ここの撮影地では側面が翳り始めてしまいました。

 

思い切って移動を決めます。

やって来る方向を確認しながら移動していると、奥にヘッドライトが見えました。

焦り急いで駆け、考えていた第二候補の地へは間に合わず、頃合いの良い辺りでカメラを構えます。

 

 

f:id:emikosorakara2:20210407212813j:image

▲工9142レ  DD51-842+ホキ7b(空)

11:30(50分遅れ)   小野上ー祖母島

 

焦りましたが、ここでは4〜5名の撮影者に混じっての撮影となりました。

偶然この位置になりましたが、なかなか良い撮影地に自分でも驚いております。

 

 

f:id:emikosorakara2:20210407232255j:image

▲お見送りショットは逆光ですが、ちゃっかり撮影しております。

後部の辺りが祖母島駅でかわいらしい待合室が見えております。あの中には地元の方が制作されたと思われる吊るし千代紙細工が飾られており、温かみを感じ風情がありました。

この駅周辺は寂しいですが、10分ほど歩いた辺りに集落もあり、ファミマもありました。

 

不安でしたが、無事に撮影が出来、えもいわれぬ満足感に満ちておりました。

情報提供頂きました方々、御一緒に撮影致しました皆様に感謝申し上げます。

 

この後、この周辺をロケハンしております。

続くぅ。

 

御訪問頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

東京スカイツリー駅とサクラトレインと…の撮影

撮影日2021.3.31

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

 

今までは駅ホームでの撮影は、些か罪悪感や人目が気になり、あまり好んでは行いませんでしたが、ホーム撮影ならではの良さ と言うのもあるものですね。

 

 

この日、東武鉄道ではスカイツリートレイン(634型)を使用し、隅田公園の桜を隅田川橋梁から愛でる"サクラトレイン"と名打ち、運行しておりました。

運行区間東京スカイツリー駅〜浅草駅の僅か一駅なのですが、この間、隅田川橋梁で停車時間を設け、お花見をして貰おうと言う観光列車なのです。

乗車代だけでOKで日中に5往復しますので、気軽に何度でもこの観光列車への乗車を楽しめると言う訳です。

今回、私は乗車はせず、撮影のみを致しました。先ずは東京スカイツリー駅の下り側ホーム端よりサクラトレインが入線してくる姿を撮影します。

 

▼待避線から本線へ入線

f:id:emikosorakara2:20210406151554j:image

f:id:emikosorakara2:20210404213943j:image

▲14:04発のサクラトレイン 

曳舟東京スカイツリー

東京スカイツリー駅ホームより撮影

 

曳舟駅東京スカイツリー駅間には待避線が広く設けてあり、特急車両が停泊している姿をよく見かけます。

 

 

▼先頭4、3号車は青のドット柄。

青空のイメージ塗装です。

f:id:emikosorakara2:20210404213952j:image
f:id:emikosorakara2:20210404213956j:image

▲コチラの2、1号車は赤のドット柄。

朝焼けのイメージ塗装です。

私的にはこの1号車のスカイツリータウンが描かれた部分がお気に入りです。

 

数年前迄はスカイツリートレインとして日光方面から浅草駅まで定期運用されておりましたが、今は終了し、臨時列車のみの運用に入っております。

 

 

 

 

f:id:emikosorakara2:20210406165811j:image

▲反対側の浅草方面のホーム突先での撮影。

 

200系りょうもう(特急)の離合シーンを撮影出来ました。りょうもう号の中にりょうもうが走っております!?

島式ホームならではの偶然でしょうか。

 

(サクラトレインの運行は4月2日で終了しました)

 

 

この日は黄砂が飛んでいる影響で綺麗な青空は望めませんでしたが、暖かで気持ちの良い撮影が出来ました。

 

御訪問頂き、ありがとうございました。

 

桜とサクラトレインと…の撮影

撮影日2021.3.31

 

本日もようこそ。いらっしゃいませ。

 

 

皆様は今年の桜、じっくりと堪能なさいましたか?

関東はもう良い頃合いを過ぎ、散り始めております。

散る桜もまた風情があり、ピンク色に染まる木の根元や、用水路に浮かぶ花弁の流れを眺めるのはこの時期ならではの楽しみなのです。

 

SNSでも列車と桜のコラボ撮影が花盛りで、それだけでお花見が出来た様な優雅な気分に浸らせて頂きました。

そんな撮影に刺激を受け、私も桜×列車の撮影を試みております。

 

今回の撮影地は隅田公園をセレクトしております。

此処は隅田川沿いの遊歩道に桜並木があり、又、浅草駅寄りの公園内では隅田川橋梁を渡る東武鉄道スカイツリーと桜が同時に撮影出来るスポットがあります。

 

子供の頃は毎年お花見に来ていた勝手知ったる公園ですので、真っ先にこの地が頭に浮かびました。

 

そして、今年は桜の開花に合わせ、東武鉄道では 東京スカイツリー駅〜浅草駅 間でサクラトレインを運行しております。この日はスカイツリートレイン(634型 元6050系改造)が運用に入っておりますので、じっくりと撮影出来るチャンスと言う訳です。

 

この日はお天気も良くポカポカ陽気。

撮影していても汗ばむほどで…

ちょい、厚着し過ぎた様です。

 

 

目星を付けておいた場所ですが、立って見るとドンピシャで桜とスカイツリーと鉄橋が良い画角に収まっており、我ながら感動しております。

 

▼10000系とスカイツリーと桜とカップ

f:id:emikosorakara2:20210401220503j:image

カメラを向けていると、通行人は足を止め、皆、一様にレンズの先の景色を眺めるのでした。お陰で度々視界が遮られるのですが、それを逆手に取り、良い雰囲気の通行人とのコラボ撮影をしてみました。

何処に10000系が写っているのか?って?

ほら、彼女の肩の横辺りにちゃんといるわよぉ。

桜の花びらを取る振りをして、彼女にタッチを繰り返す彼。

桜同様、短き春を謳歌しておりました。

↑青春は短き物よ

 

 

f:id:emikosorakara2:20210401223332j:image

▲サクラトレインと桜とスカイツリーと和服の熟女

 

御目当てのサクラトレインがやって来ました。

この橋は横の鉄骨が高すぎて電車の側面は半分まで隠れてしまい、あまり電車メインの撮影には向かない様です。

この橋の脇には近頃"すみだリバーウォーク"と言う遊歩道橋が造られ、この日もたいへんな賑わいを見せておりました。

電車の下の辺りに人の往来が確認出来ます。

この和服の女性、先程から私の周りを何故かウロウロしております。

さあ撮影だ!の良いタイミングで目の前に立ち止まってしまいました。

必然的に受け入れる事にし、画角に入れております。

女性の容姿については…

ご想像にお任せします。

後ろ姿と言うのは見る方の想像力を掻き立て、被写体には何かと都合の良いものです。

ひょっとして、撮影して貰いたがっている様にも感じられまして(笑)

 

後はスナップ撮影を

f:id:emikosorakara2:20210402073546j:image

f:id:emikosorakara2:20210402215850j:image


f:id:emikosorakara2:20210402073549j:image

桜も葉が開き、終焉を迎えようとしておりました。

隣のビルに映し出されるスカイツリーとオリンピックの広告。無事にオリンピック開催出来ると良いですね。

 

この後はサクラトレインをしっかり撮影する為、場所を移動します。

 

 

御訪問頂き、ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。