えみソラ鉄道日記

アラフォー女将が鉄道記と日常を綴るブログ

D62型機関車の精巧な手造り模型



外は雨ですね

 

 

あまり体調が芳しく無いので、今日は大人しくしております

掛かり付けの病院内で、ちょっとした鉄に触れましたので、ミニ記事を書かせていただきます

 

 

ミーティングスペースに飾られてあるD62

 

 

なんと、クラフト紐で製作されたもの

作者は…不明の様です
f:id:emikosorakara2:20180417184704j:image

だいぶ以前から置かれているようで、ちょっとした埃くずは付いている様ですが、綺麗に保存されています

 

 

このD62形蒸気機関車は、1950~1951の2年間の間に20両が生産

あのD52形を改造して作られたものなのだそう

C57やD51等は現存し、今でも動態保存され、活躍していて認知度も高いのですが、このD62形に関しては馴染みがありませんね

それもそのはず、戦後に岩手で貨物牽引用として活躍後、全廃されたようです

生態保存もされていないだなんて…

これを製作された方は、一体どんな思いがあって、これを仕上げようと思ったのでしょうか?

思い巡らすと、壮大なドラマが広がって行きそうですね

 

f:id:emikosorakara2:20180417192741j:image

f:id:emikosorakara2:20180417192756j:image
f:id:emikosorakara2:20180417212132j:image
作者は事細かに、D62 8号機についてのプロフィールを綴っておられます

動輪径やテンダーの重量、最高速度に至るまで

手を抜くこと無く、コンテナとチキも精巧に

再現なさっておられます

 

圧巻の力作でした

 

 

看護師さんにお話を伺ったのですが、詳細は分かりませんでした

 

闘病される方を励まそうと、力作を進呈されたのか?

あるいは、長期入院中に奮闘されながら製作に当たっていらしたのか?

とても根気と体力のいる仕業に尊敬の念が湧いて来ます

 

モーターも塗装も無いけれど、

不思議な力強さを頂きました

 

不調の身に沁みる、励まされたひとときです